お知らせ : ページ 2

ベランダ笠木の上端から?

今日、四日市市の北欧系輸入住宅で発生した雨漏れの検証を、屋根屋さんと大工さんと一緒にしてきました。

ケラバの屋根材を外し、壁手摺と接する部分を重点的に調べました。

その辺りが、1階の吹き抜けリビングの天井の雨漏れ地点と合致します。

雨漏れは、真上ではなく横に走ることもあるので、慎重に検討する必要があるのも事実です。

ただ、屋根の下地となる垂木は、この壁手摺の横を走っていて、手摺の下にある訳ではないので、壁から垂木に伝うことはあまり考えられず、壁の柱材を伝って真下に落ちている可能性が高いという状況でした。

そこで、新しく作り直した腐らない木の笠木・手摺を一旦外して、その下の状態を見てみました。

そうすると、防水機能を果たしているアスファルトルーフィングの下にあるコンクリート・サイディングが僅かに濡れていました。

ルーフィングの上も少しカビが出ていましたから、ルーフィングの上に雨や湿気が溜まって、それが釘などの穴から下に落ちたか、上から屋根を伝った雨が手摺付近の鈑金材をくぐって中に侵入したか、もしくはその両方が原因かということになりました。

最近雨は全く降っていませんでしたから、僅かに濡れていたという点で然程雨漏れはひどくなかったというのも頷けます。

何れにしても、屋根には全く欠点らしき部分が見当たらなかったですから、この部分を補修して、次回の雨ではっきりさせたいと思います。

<関連記事>: 塗り替え前でよかったかも (2021年7月14日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス | タグ: , , , |

これも交換出来ます

こちらは、お客様から問い合わせを頂いた輸入掃出しサッシの戸車部品。

ローラーの部分は錆びて、恐らくスムースには回らないだろうと思います。

窓メーカーははっきりしませんが、部品自体はよくあるものだと思います。

白いプラスチックの部分は戸車の高さを調整する為のパーツで、これを回すことで戸車の水平・垂直を修正することが可能です。

現在手に入れることが出来る交換部品は、このプラスチックのパーツが鋳物のパーツに切り替わっています。恐らく経年劣化で調整が出来なくなるというトラブルを是正したのでしょうね。

10年以上同じ部品を作り続ける北米の窓部品メーカーですが、地道に小さな改良を加えている処は本当に素晴らしいと感じます。国産でも、輸入のサッシのように長くメンテナンス部品を供給してくれる体制を作り上げてもらいたいものです。

そういうことが、日本の住宅産業を適正なものに変えていってくれるのではないでしょうか。これが出来なければ、修理不可能という理由で、30年で建て替えるという歪な住宅産業が、今後も国内に蔓延ることになるしかありません。

勿論、輸入資材でも生産中止となるものも多いですが、全部が全部10年で市場から姿を消すという日本のようなことは絶対にありません。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス | タグ: , , |

これではロックは外せない

今日、豊明市のお客様の処に伺って、ミルガード(Milgard)製掃出しサッシ(スライディング・パティオドア)の鍵の解除を行ってきました。

先日、修理調査に伺った際に一部をカットしたドアハンドルやロック金物の交換部品も用意して、万全の体制での作業でした。

ただ、出来るだけ掃出しサッシを傷付けないようにといろいろ工夫してみたのですが、全く鍵が掛かったまま外れません。

仕方がないので、ドア枠内に隠れている2本の鍵爪(ラッチ)をカットして外すという方法を取ることにしました。その為には樹脂で出来たドア枠の一部に、ラッチをカットする為の穴を明けなければなりません。

穴を明けた時点で穴の中にラッチが確認出来るはずですが、片方のラッチは見えません。ということは、そのラッチはロックレバーと連動して鍵は解除されているというふうに推測しました。

もう一方のラッチが引っ掛かって解除出来ないということなので、マイナスドライバーやカッターナイフの先を穴の中に入れて、ラッチの状態を探っていましたら、カチッという音と共に鍵が解除されました。

このラッチは非常に強固で、通常ならそんなことでは動かないタイプですが、比較的簡単にドアが開いたのです。

写真は、会社に戻ってロック金物を分解してみた処です。ロックレバーを回すとギアが一緒に回ります。そのギアとラッチとを連動させる金属パーツ(鋳物)があるのですが、それが折れて離れていました。

この状況では、いくらロックレバーを上げ下げしようが、ロック金物を分解出来る状態にするか、ラッチを切断するか、動かすかしないと鍵の解除は不可能ですね。

防犯性が高く、空き巣や泥棒も容易に鍵を開けられないというのは素敵なことですが、鍵が掛かった状態ではドアを無傷で修理するのが難しいという点は痛し痒しです。

鍵が破損する前には必ず変な前兆があるはずです。何かおかしいと感じたら、すぐに専門家に相談することが損害を最小限にする秘訣です。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス | タグ: , , |

網の交換時にはコーナー材も

あま市のお客様の処で、外装の塗り直し及び窓等のメンテナンスを行っています。

昨日、現場で掃出しサッシの網戸3枚を張り替えたのですが、その際シングルハング用の網戸も3枚張り替えて欲しいというご依頼を頂きました。

網を外してみた処、プラスチックで出来たコーナー部品が劣化しており、割れてしまいました。新築してから20年以上経っていますから、樹脂の表面から粉が噴くくらいボロボロになっています。

幸いいくつかコーナー部品を持っていましたので、適合するものに差し替えました。

輸入サッシの網戸のスクリーンを交換する際は、グラスファイバー製の網を準備するだけでなく、網戸押えのゴムやフレームのコーナー材、網戸を固定する為の部材なども一緒に交換・メンテナンスするといいですね。

さて、これから夏本番ということで、窓を開けて風を入れる機会も増えてくるように思いますが、おうちの網戸の状態は如何でしょうか?

一度に全部修理するのは大変ですが、数枚ずつ徐々に直していけば、それ程労力も掛からずメンテナンスをして頂けますよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス | タグ: , |

いくらヒノキでも喰われる時は喰われます

知多市でガレージの雨漏れ補修工事を行っていますが、今日は腐った壁を壊して基礎の上に載っている土台を取り換えました。

写真は、土台を新しいものに交換した様子ですが、土台が露出している部分の3分の2程度を新しくしました。

元々の土台は、ヒノキだったようですが、雨漏れの影響で半分以上が腐っていましたし、シロアリにも喰われていました。

ただ、土台が全部喰われていた訳ではなく、残っている部分もかなりあった訳ですから、やはりヒノキはシロアリにとって美味しい素材ではないのかも知れません。

シロアリは食べるものがないと、基本何でも食べるという生物です。何しろ鉄でも食べたという記録がある程です。

ですから、ヒノキやヒバといった匂いの強い木材であっても、喰う時は喰いますし、例え防蟻処理の薬剤が塗布してあっても食べて死んでいき、また次のシロアリが食べて死ぬというのを繰り返します。

そう、毒が入ったものは食べないというプログラムは、シロアリの脳の中には存在しません。彼らが嫌う環境は、「明るい・湿気(水分)がある・風通しが悪い」です。

そうした環境を作り出して、出来るだけシロアリが来にくいようにすることが家づくりでは大切です。

尚、今回はヒノキの土台が手に入らない状況でしたので、防蟻剤を加圧注入した米松材に更に手塗りで駆除剤を塗布して据え付けました。(土台の裏側や木口にも塗って、その後施工をしています)

<関連記事>: 雨漏れを放置してはいけません (2021年7月6日)
<関連記事>: いよいよ屋根の葺き替えです (2021年7月25日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス | タグ: , , , |

相談するなら、必要な情報提供を

昨日、ギノー(Gienow)製スライディング・パティオドアの下枠に付いているドアレール及び網戸レールが欲しいというご相談を頂きました。

ギノーはそれ程メジャーという訳ではありませんでしたが、輸入住宅ブームの際にはそこそこ知られた輸入サッシ・メーカーでした。ただ、現在は国内で販売している資材会社はなく、カナダや北米でもサッシの供給をあまりしていない印象です。

今回レール部品が欲しいということで、写真をお送り頂いたのですが、レールのどの部分が欲しいのか、どこまでが一体となっている部品なのか、詳細が全く分かりません。

金属製のドアレールが削れてレール下地が露出していたり、網戸用の樹脂製レールが割れたりしているとのことですが、頂いた写真では分かりません。

ご自身で部品を交換されるとのことですから、一旦これらの部品を外して頂いて、部品の形状や大きさ、寸法などを部品図としてお知らせ頂けると必要な部材を探せるかも知れません。

部品が外せず、正確な形状・寸法も分からないということであれば、部品を手に入れたとしても交換することは出来ませんから、詳細情報の提供が部品調達の試金石とも言えると思います。

本当に修理メンテナンスをしたいとお考えであれば、調達を依頼する先に必要な情報を的確に提供してこそ、その可能性が広がるはずです。

でなければ、私たちも部品がどういったものか分かりませんから、調達可能かどうかも含めて部品をご案内することは叶いません。

勿論、私たちが現場に伺って詳細を調査することも可能ですが、その場合は交通費・宿泊費を含めた出張調査費をご負担頂かなければなりません。

尚、窓メーカーがしっかりしたサービスをしている処であれば、ある程度の情報で交換部材を特定出来ることもありますが、それは今でもメジャーな会社に限られます。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス | タグ: , |

塗り替え前でよかったかも

四日市市で外装の塗り替えや防水施工を予定している北欧系輸入住宅。

ベランダの木製手摺が腐ったので、木を腐らないように処理したエコアコールウッドで作り直して、いざ塗り直しという時に屋根からの雨漏れがありました。

当初はベランダ床の排水管からの雨漏れを疑ったのですが、どうやらそこではないらしい。

次に疑ったのは、作り変えたベランダの手摺。でも、鈑金などの防水施工に係る部分は、ほぼそのまま使っていますし、取り換えの過程で不具合が起こるような箇所もありませんでした。

室内で雨漏れをした場所から考えると、ベランダ手摺のすぐ横に屋根というのが一番怪しい感じです。屋根材は、センチュリオンデラックスというコンクリート製のモニエル瓦。

割れなどの不具合もないので、屋根材の下地の鈑金やアスファルトルーフィングを使った防水材の問題が推測されます。もしそうなら、恐らく以前から雨漏れの原因があって、その量が少なくて表には出てこなかったような感じです。

現在、この屋根材は廃番で販売されていませんが、何とか手に入れることが出来るルートを確保しましたので、万一屋根材を剥がす時に割れてしまっても大丈夫。

それにしても、足場や職人がいるこのタイミングで雨漏れが発見されるというのは、不幸中の幸いなのかも知れません。来週は、実際に屋根を剥がして原因調査をしますから、またその結果をご報告させて頂きますね。

<関連記事>: ベランダ笠木の上端から? (2021年7月22日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス | タグ: , , |

網戸がないと、窓も開けられない

梅雨も終わりに近づき、名古屋でも蒸し暑さは絶好調となってきました。

そんな折、リフォームの会社から網戸を新しく作ってもらえないかというご相談がありました。

正確な寸法や細かな仕様を教えてもらえれば製作は可能とお伝えしたのですが、サッシの全体写真しかお送り頂けませんでした。

後日、網戸の写真や詳細情報をお送り頂けると思いますが、サッシのみの写真ではどうしたって正しい網戸を作ることは出来ません。

だた、そうした情報を頂いても、材料や部品は全て輸入ですし、オーダーで作っていく訳ですから、安い国産サッシの網戸を作るようにはいきません。

そういう点をご理解頂けるようでしたら、サッシにピッタリの輸入網戸を新調させて頂きます。陽が陰った夕方から晩に掛けては、エアコンを止めて網戸からの涼しい風を部屋の中に入れたいですよね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス | タグ: , |

補修部品は手に入るでしょうか?

本日、長野県のお客様から洗面やキッチンの水栓金具に不具合があるので、修理・メンテナンスをしたいというご相談を頂きました。

あまり設置した当時の記録がないようですが、何かメーカーのロゴや取扱説明書のようなものが確認出来るようなら、探してみて欲しいというご依頼をさせて頂きました。

写真のものは、レバーの台座に木が使われているカントリー・クラシックなデザインの洗面水栓です。お湯の方は問題ないようですが、水の方からポタポタ漏れるらしく、水のバルブを閉じてお湯だけで使っていらっしゃるようです。

写真をいくつかお送り頂いた中で、リラインス(Reliance)のロゴを発見しました。このメーカーは、国産の製品を売っている会社ですが、輸入のものも取り扱いをしていたような気がします。

国産メーカーの場合、補修部品の在庫期間があまり長くないように思いますが、一度交換パーツについて問い合わせをしてみる必要がありそうです。

こういうトラブルは、基本的にパッキン材であるカートリッジバルブを交換して掃除をしてやれば、大体のものは元通りに戻ります。

ただ、この製品のようにメーカー名や施工時期、品番・品名といった詳細が分からなければ、使用されている部品の特定が難しいのが実情です。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス | タグ: , , , |

ラッチフックは、手では引っ込みません

輸入の掃出しサッシのロックは防犯に対して非常に強固だというお話を何度かさせて頂いていますが、その中でもミルガード(Milgard)のスライディング・パティオドアに装着されているものは、最も強力なものの一つかも知れません。

写真は、そのロックケース。モーティシーロックと呼ばれるタイプのもので、ロックレバーで操作する以外は鍵爪(ラッチフック)は動きません。

また、ご覧のようにラッチフックが2つ付いていますから、両方同時に鍵を解除しないとドアを開けられないという仕組みです。

ドアを閉め切った状態では、これらのラッチフックはサッシ枠の中に隠れてしまい、その様子を見ることも出来ません。ということは、空き巣や泥棒もどこをどう壊せば鍵が開くのか分からないということでもあります。

また、サッシ枠を壊すなどしてラッチフックを運よく露出させたとしても、これを手で金物の中に引っ込めることは出来ないようになっています。

鍵の開け閉めには、常にロックレバーでの操作が必要となりますので、ロックレバーが破損したり、ロックレバーとラッチフックとの連動が出来なくなったりすると、お客様自身もサッシを使えなくなる可能性があります。

ロック金物は、ある意味消耗品。15年くらい経って調子が変だと感じてきたら、そろそろ交換した方がいいかもと考えて頂きたいと思います。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: 健康・安全 | タグ: , , , |