お知らせ : ページ 2

予算がないから、このままに?

私たちの会社から程近い場所にある輸入住宅のお客様から、輸入サッシのペアガラスが割れたという不具合の連絡を頂きました。

夜中に突然割れる音がしたということで原因はよく分かりませんが、外側のガラスだけが割れているということですから、内外の急激な温度差による熱割れか、誰かが石のようなものを投げ付けたか、鳥がぶつかったのかということが考えられます。

ただ、私たちも見た訳ではありませんから、原因を具体的に特定することは出来ません。

こちらの窓は、マーヴィン(Marvin)製のアルミクラッド・ダブルハングサッシ。

マーヴィンの場合は、通常ガラスのみの交換は不可で、建具そのものを交換することが求められますが、メーカーが国内の販売から撤退していますので、交換用の建具の調達も出来ない状況になっています。

しかしながら、それではお客様もお困りになるだろうと思い、多少建具が傷付くかも知れないですが、何とか枠材を分解してガラスのみを交換するという形でご提案を差し上げました。

勿論、少し高額になるというお話を差し上げた上で、他社にオーダーで上下の建具を作って頂いて、それを既存のサッシ枠に入れるということも可能である旨お伝えもしました。

ただ、結論から言えば、予算がないので今回の修理は見送るというのがお客様からの回答でした。

まあ、そういうことであれば、私たちも今回の件から手を引かざるを得ないということになりますが、このままにしておけばガラスからの雨漏りによって木枠が腐ったり、ガラスの一部が下に落ちて誰かを傷付けたり、なんてことになる恐れもあります。

大ごとになる前に何とかしないと、後悔先に立たずということにもなりかねませんから、早めにどこかに修理をお願いすることをお勧めします。

また、今回のトラブルが火災保険で求償出来るかどうかは、契約条件次第ですので、修理と補償は一旦別々に考えて進めることが大切です。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス | タグ: , , , |

ペアガラスの脱落

岐阜県のお客様から輸入サッシのガラスが下に落ちて、上に隙間が空いているという不具合の連絡を頂きました。

写真を見ると、ペアガラスの周囲にある金属スペーサーから外側のガラスだけが外れて、落下してきているという状況が確認出来ます。

窓は、ノルコ(Norco)製の4連ボウウィンドウを構成しているケースメントサッシです。

両サイドの2枚の建具が開閉し、中央の2枚の建具がハメ殺しという窓ですが、そのうちの3枚にこういう現象が見られるそうです。ノルコという窓メーカーは既になく、アフターサービスも望めない状況ですから、自力で修理する他はありません。

今回の問題は、建具のペアガラスの防水性に原因があるように思いますから、ペアガラスが使われているサッシでは似たような不具合が起きる可能性があると思います。

通常の状態ではペアガラスは木製の建具枠に支えられているはずですから、ガラスが下へ落ちてきているということは、もしかしたら既に下枠は腐ってなくなっているかも知れません。

ただ、お客様自身では怖くて窓が開けられない状況ということですから、どうなっているかは私たちが伺って窓を開けてみなければ分かりません。

恐らく修復は可能だろうと思いますが、修理に係る費用や時間は相当なものになるでしょうから、火災保険で求償するなどの対応が出来るかどうかが問題です。

皆さんの輸入住宅でも、こうした問題が大きくならないうちに早めに外部の防水処理をして対策をしておくように対処して下さい。

<関連記事>: やっぱりでしたね (2024年4月2日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス | タグ: , , |

窓の大きさや重さが重要です

昨日、京都府のお客様のおうちにお邪魔して、サッシ・バランサーの調査を行ってきました。

窓は、カナダのMBF ウィンドウズという樹脂サッシメーカーのもので、シングルハングサッシの両サイドの枠に装着されているコイルバランサーという部品が破損していました。

コイルバランサーとは、板バネ(スプリング)の力を利用して、重い開閉建具を軽く上げ下げ出来るようにするサポート部品なんですが、窓の設置場所が浴室であった為、バネが金属疲労を起こして切れてしまったというものでした。

ゼンマイのようなバネは、錆びないステンレスで出来ているのですが、素材の中には何パーセントか不純物が含まれています。その為だと思いますが、浴室の湯気や水分に長く曝されて経年劣化を起こしてしまうことがよくあります。

写真はサッシ枠の中に入っていたコイルバランサーを外した状態ですが、ハウジングと呼ばれる白い箱の中に入っていたバネ2つが切れて外に出ている状態です。

これを交換する為には、バネが支えられる建具の重さや建具の大きさが分からなければ部品を特定出来ません。その為、今回わざわざ名古屋から京都まで出張して、建具を外してその重量やサイズ、ペアガラスの厚みなどを計測してきました。

また、どういった規格のコイルバランサーが装着されているかについても確認が必要ですから、特殊な工具を使ってサッシ枠の溝からコイルバランサーを取り出して、その仕様や大きさを確認しました。

普通はサッシ枠をカットしてこれらを取り出すのですが、切り口が露出するとどうしても見栄えがよくありません。

ですから、私たち ホームメイドは、カットをしないで溝部分を一時的に広げることでコイルバランサーを交換していますから、サッシ枠が傷付くことは全くありません。なかなかこれが出来る修理業者さんは、日本にいないんですよね。

<関連記事>: 今週交換に伺います (2024年4月10日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス | タグ: , |

鍵が掛けられます

静岡県のお客様から輸入網戸の部材をいくつか購入したいというご相談を頂いた際に、掃出しサッシの網戸の取っ手も手に入らないかというご希望も頂きました。

それは、ハード(Hurd)製スライディングパティオドアに付いている大きなスクリーンドアに付いているもので、内蔵されたレバーを下げるとロックが掛かる仕組みが付いています。

防犯上どうかというと然程の効果がないとも思えますが、それでも網戸を開けて侵入することは防げますから、簡単な鍵でもないよりはいいかも知れません。

この鍵付きの取っ手は樹脂で出来ていますから、20年近く日差しや風雨に曝されていると、どうしても劣化して割れたりしてくると思います。

国産サッシであれば、もう交換部品はありませんということを言われるかも知れませんが、ハードのこの部品は今でも手に入れることは可能です。

勿論、他の古い輸入サッシ・メーカーの網戸部品でも大方調達出来ると思いますので、もし破損などで交換をしたいという場合でも対応は可能です。

メーカーによっては鍵が付いていない取っ手が付属している場合があるかも知れませんが、部品によっては鍵付きの同じ取っ手に交換出来るものもありますから、もし多少でも防犯性を上げたいという方はご相談下さい。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス | タグ: , , , |

全体的に交換時期かも・・・

神奈川県のお客様から輸入の古いドアレバーのドアラッチが欲しいというご相談を頂きました。

ドアレバーは、旧タイタン(Titan)製のもので、ラッチは先っぽの頭の部分が丸くなっているドライブインラッチです。

国産のものもそうなんですが、今のラッチの多くは、頭にフェースプレートと呼ばれる金属製の板部品が付いていて、そこをドアに固定して取り付けます。

ドライブインラッチは、取付け穴にそのまま差し込むだけで固定出来ますから、簡単で早く取り付けられるというメリットがあるのですが、今では国内の輸入住宅で殆ど見掛けなくなりました。

勿論、アメリカではまだまだよく使われている部材ですから、他のドアノブ・メーカーを含めてドライブインラッチは広く出回っています。

私たち ホームメイドではドライブインラッチも調達していますから、交換部品に困ることはないのですが、今回はドライブインラッチだけの問題ではないかも知れません。

写真をよく見ると、ラッチの鍵爪がちょっとしか出ていないという不具合の他に、ドアレバー自体も少し下がり気味な感じがします。

恐らくレバー部品に内蔵されているバネが弱ってきているように思いますので、ドアレバーもボチボチ交換時期に来ているのではないかとも思います。

ただ、このデザインのものは、既に生産中止となっているでしょうから、新たな製品を選び直す必要があります。

ラッチだけの交換でもいいかも知れませんが、この機会におうちのドアレバーを新しいデザインに変えてみることもリノベーションとしてはありだと思います。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス | タグ: , |

これがなかなか手に入らない

富山県のお客様から、輸入サッシの周囲に付いているウェザーストリップ(気密パッキン材)の調達・取り替えが出来ないかとの問い合わせを頂きました。

窓はミルガード(Milgard)製の樹脂サッシ。ケースメントという形式の窓で、クランクハンドルを回すと横方向に開いていくものです。

ウェザーストリップは、サッシの建具の周囲や窓枠の周囲にも回してあるのですが、ハンドルオペレーターの隙間から雨漏れがするということで、ウェザーストリップの劣化が原因ではないかと考えたようです。

以前の記事にも書きましたが、私はウェザーストリップだけの問題で不具合が起きているとは思えなくて、何か他の問題も抱えているのではないかと感じています。

写真は、ミルガード製ケースメントサッシに付いていたウェザーストリップの断面形状ですが、他のサッシには見られない面白い形をしています。

一般的なウェザーストリップとは形状が異なる為、どこの部材メーカーでも扱われているというものではなく、手に入れるのも結構大変な代物です。

それでも、こうした窓のウェザーストリップは、15年程度で割れたり千切れたりしてきますから、定期的に交換しないと防水・防雨、気密や防音といった機能に影響してきます。

入手が大変と言ってもまだ手に入る部材ですから、交換時期に来ているおうちは出来るだけ早めに交換部材を手に入れておくことをお勧めします。

ただ、昨今の円安やアメリカの物価高、輸送費の高騰などで、輸入部材の調達コストは格段に高くなってきていますので、何年か後でと躊躇していると更に値段が高くなりますから注意して下さい。

<関連記事>: この部分だけの問題じゃない (2024年3月13日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス | タグ: , , |

お客様のたっての要望

長い間リフォーム・修復工事をしている岐阜県の輸入住宅。

他の仕事の合間を見ながら、大工さんや職人さんに入ってもらっている状況の為、仕事のスピードがゆっくりになってしまっています。

今日は、玄関ドアの内装側を大工さんにやってもらいました。ステンドグラスの入った真っ白な玄関ドアに、アンティークな木製のドア飾りを付けてもらいました。

頭飾りは、お客様がどこかで見付けてこられたフランス製のアンティークだそうで、それに合うように両サイドの柱飾りと頭飾りの台座部分を大工さんが製作しました。

頭飾り以外は新品の木製ですが、殆どそれが分からないくらいな質感になっていると思いませんか。まだ、壁・天井のドライウォールは塗装を行っていませんが、出来上がりはなかなかのものになるような気がします。

修理だけなら原状復帰で何も面白いことはないですが、このように何か一つでも楽しいことを付け加えて、おうちをパワーアップすると満足感が全く違うかも知れませんよ。

ただ、こういうことをやってくれる建築屋さんがいなければやれませんから、仲良しの輸入住宅ビルダーを捕まえておくことが大切ですよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: リフォーム・リノベーション | タグ: , , , , , |

ガラス交換前の事前調査

愛知県のお客様のおうちにお邪魔して、修理前の現地調査を行ってきました。

修理するのはサミット(Summit)製の輸入サッシ。

ダブルハングやケースメントに加え、こちらのハーフサークルウィンドウ(半円窓)もメンテナンスします。

こちらの窓はペアガラスの中に雨が入り込んで、周囲に回してあるゴム状のスペーサーがガラスの見える部分に飛び出してきていました。

また、それだけでなく、雨が入ったせいでペアガラスの内部結露も起こしています。こうなってはペアガラスを交換する以外直す方法はありませんので、新しいペアガラスを製作する為にガラスの実寸法を計測する必要があります。

その為にはガラスを固定する為の木製の押縁(ガラス押え)材を取り外して、ガラス全体が見えるように露出させなければなりません。

また、ペアガラスの厚みについても正確に計測する必要がありますから、特殊な計測機材をいくつも使って、間違いがないように慎重に寸法をチェックします。

写真は、窓の周囲にあった木製の押縁材を取り外した様子ですが、ガラスや押縁材を破損させないように慎重な作業が必要でした。

恐らくこれくらいきれいに取り外せるのは、国内でもそんなにいないのではないかと思いますが、経験がないと工具や手順すら分からないかも知れません。

今回も無事にペアガラスの採寸を完了し、ガラスが出来るまでの間支障が出ないように、また元の位置に押縁材を戻して作業は完了です。

次回は、ペアガラスの交換と共に、ガラスの屋外側を防雨・防水処理して作業は完了ですが、その為には外部足場が必要になってきますから、それを利用してその他のサッシの防水処理も行うつもりです。

<関連記事>: 半円窓のガラス交換 (2024年2月28日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス | タグ: , , , |

ある方がいいかもね

先日、三重県の輸入住宅で輸入サッシのメンテナンスをしてきた時に、小さな部品が欠落しているのを見付けました。

窓は、アンダーセン(Andersen)製チルトウォッシュ・ダブルハングというシリーズのサッシですが、ジャムライナーと呼ばれる樹脂製の側枠材に付いているはずのストッパー部品がなくなっていました。

外側の窓ガラスを掃除する時に、建具を室内側に90度倒して建具を外すのですが、下窓建具を倒す際に写真にある補助部品を建具の両サイドに押し込んで建具を外しやすくすることが出来るのですが、この補助部品が窓の下の方まで落ちてきてしまうと、引っ掛かって開閉に支障をきたすことがあります。

ですから、補助部品を一度上まで上げておいて、このストッパー部品を写真の穴に差し込んでおけば、そこより下へ補助部品は落ちていかないということになるのです。

非常に簡単で単純なものですが、ストッパー部品はそういう役割を持っていますから、あった方が何かといいかも知れません。この部品をどこかへなくしてしまったというお客様は、今でも手に入れることは可能ですから、私共にご相談下さい。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス | タグ: , |

取付け穴の間隔が違う?

埼玉県のお客様から、古い輸入アルミサッシのロック金物についてご相談を頂きました。

窓は、ミルガード(Milgard)製のオーニングサッシ(下側が外に開く窓)。

お近くにも同じサッシを使っていらっしゃるお客様がいらっしゃるそうで、手に入るならまとめて手配をしたいというお話でした。また、取付けビスも古くなって劣化しているのか、ビスも調達したいとのことでした。

確かにインチ寸法で作られた輸入ビスも、国内ではなかなか流通していないでしょうから、一緒に購入頂いた方がいいかも知れません。

写真はお客様から頂いたものですが、寸法や形状がよく分かるので、定規やメジャーを当てて撮影頂くよりも分かりやすく、部材の特定は容易になります。(定規の目盛りは撮影角度や距離によって見え方が変わり、はっきりした寸法が確認出来ません)

ただ、一番肝心の取付け穴の間隔に関する寸法が、私共が入手可能な部材とは少々違っているようです。写真では穴間隔が43mmとなっていますが、私共が手配可能な部品は穴間隔(穴の中心同士)が32mm又は38mmとなっています。

単なる計測ミスであればいいのですが、もし43mm必要ということであれば、私共が供給させて頂くのは不可能です。お客様には再度計測頂くようにお願いしておりますが、さてさてどうなるでしょうね?
—————–
<追伸>
お客様に寸法の再確認を頂いた処、やはり穴間隔は38mmでした。これであれば、アメリカからの部材の調達は可能です。
—————–
輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス | タグ: , , |