お知らせ

剥がれは直らないけど、どうでしょうか?

昨日、名古屋市のお客様から、玄関に取り付けたスウェドア(Swedoor)の屋外側の木が劣化してきたので交換したいというご相談を頂きました。

このドアの表面には、少し厚みのあるチーク材が化粧板として張ってあるのですが、19年の雨風に曝されてドアの下の方が線状に剥がれてきています。

新築してから特に何もメンテナンスをしてこなかったということですから、自然素材のドアとしてはよく耐えた方だと思います。

木が剥がれた部分については、元に戻すということは出来ません。ただ、表面の汚れを紙ヤスリ等で擦り落として、パラペイントの屋外用木部防水塗料 ティンバーケアを塗ってこれ以上の劣化を抑えることは可能です。

そこで、お客様にどういったご希望かを確認させて頂いた処、これからはメンテナンスをしっかりするつもりなので、新しいドアに交換する方向で考えたいとのことでした。

鍵のシリンダーにもグラつきがあるようですから、心機一転して新しいスウェドアで気持ちよく暮らして頂くのもいいかも知れません。勿論、新しいドアにもティンバーケアを2度塗りしますから、5年くらいは塗り直しもしなくてよくなるはずですし、塗れば塗るほど塗装も強化されます。

勿論、水性塗料ですから、素人でも塗りやすく塗りムラも出来ません。玄関に木製ドアを取り付けている輸入住宅であれば、10年に一度は塗装や金物のメンテナンスをしてあげると、いつまでもお使い頂けるようになりますよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス | タグ: , , , , , |

キッチンドアも替えられる

清須の輸入住宅にお住まいのお客様からキッチンの修理・メンテナンスについてご相談を頂きました。

人工大理石のカウンターの変色や焦げを直したいというご相談の他に木製キャビネットのドアを替えたいというご希望も頂きました。

写真を見ると、周囲の框枠の部分に割れが入り、枠の表面も剥がれてしまっているようです。ナチュラル・オークの無垢の木製ドアのようですから、キッチンの湿気や水分などで木が膨張して割れ等が入ってしまったのかも知れません。

ただ、こういうキッチンドアは、メーカーが分からなくても同じように新しく製作してもらうことは可能ですから、そんなに心配は要りません。

国産のキッチンだと、ドア等が木くずを圧縮して成型したMDFで作られていたりしますし、形も年代やメーカーによって様々ですから10年以上前のキッチンを直すことはほぼ不可能です。

そういった意味では、輸入の木製キッチンは長くお使い頂くことが可能ですが、そういう修理・メンテナンスをしてくれる処を見付けるのが大変ですよね。

お客様に金額や納期等でOKを頂ければ、恐らく今後ドアの採寸などを行って製作をしていくことになろうかと思います。輸入キッチンや洗面のリフォーム・リノベーションをお考えの皆さんは、是非インテリアの刷新を含めて改修計画を立ててみては如何でしょうか?

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス | タグ: , , |

傷や接着剤が付いているので、新品でも大変です

現在、アンダーセン(Andersen)製4枚引きスライディングパティオドア(両サイドFIX、中央引き分けの4枚掃出しサッシ)の交換用ドアを塗装しています。

雨漏れによってガラスの周囲から水が内部に浸入し、外装の化粧単板が剥がれてしまうというトラブルで、ドア4枚の交換を余儀なくされました。

交換用の木部無塗装のドアは、結構写真ではきれいに見えるのですが、製造時に木部に接着剤を付着させたり、木の部分に凹みや欠けなどがあったりして、塗装するのも時間が掛かります。

薄っすら表面に接着剤が付いていると、着色塗料を塗った時にその部分だけ塗料がうまく載ってくれません。ですから、そこだけムラが出来たような塗装になってしまいます。

凹みや欠けが見受けられる部分は、木工パテで修整をしてから塗装をするのですが、自然の木とパテとでは塗料の吸い込みが違いますから、美術絵画的な塗り方をしないときれいには仕上がりません。

勿論、接着剤やパテを処理する為に、紙ヤスリで表面を薄く削るのですが、化粧単板を傷めない程度で仕上げないと下地が出てきてしまいます。

そういう手間を掛けながら、木部の防水塗装を行いますから結構な時間と手間が掛かるのですが、普通はそういうことも気にせず適当に塗ってしまうのでしょうね。

写真はまだ着色塗装の段階ですが、もう一度防水塗装のナチュラル・クリアを塗ったら塗装は完了です。それが完了したら、ドアを裏返して屋外側のガラスの周囲やドアパネルのつなぎ目などを防水処理します。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス | タグ: , , , |

遠隔操作でお客様にやってもらいました

本日、東京のお客様に発送した浴槽エプロンの固定部品とリベット、それを装着する為の工具(リベッター)が届いたという連絡を頂きました。

リクシル(LIXIL)の浴槽側面に装着すべきエプロンが、固定用部品が破損した為にグラグラした状態でお困りだったので、補修する為の部材一式を当社から購入して頂きお送りしたのです。

勿論、やり方や使うべき材料のサイズ・種類などもお客様にお教えして、ご自身でやってもらいました。

多少打ち間違いはあったようですが、写真のように見事にリベットを打ち込んでエプロンに固定用部品を装着出来ました。全くの素人の方でしたが、上手に作業が出来たと思います。

確かに大きな失敗をすると取返しの利かないこともありますが、まずは自分たちでやってみるということはいいことです。

ただ、やったことないけど何とかなるだろうと楽観的に物事を考える人は、幾分か慎重さに欠ける処もあるでしょうから、本来であればプロの仕事を間近で観察して覚えるということからやるのが一番です。

今回は、ぶっつけ本番ということで少し心配しましたが、お客様も慎重な方だったので、考えなしに作業をされるということもなくうまく仕事を完了して頂きました。

エプロンが割れた部分も、お時間のある時に直して頂けるように詳細をアドバイスさせて頂きましたから、そのうち上手に補強をして頂けるものと思います。

<関連記事>: 掃除屋さんが壊したらしい (2021年9月16日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス | タグ: , |

動きが重い原因は、これかも?

金沢のお客様からミルガード(Milgard)製スライディングパティオドア用の戸車を交換したいというご相談を頂きました。

調達するに当たり、掃出しサッシに付いている実物の戸車部品を外して、写真を撮って頂きました。

一見きれいな状態に見えますが、実際に可動するローラー部分が錆び付いているのが分かりますか。

恐らく錆と共に劣化を起こしていると思いますから、ローラーの表面も丸くなっていない状態で歪な感じだと思います。こうなってしまうと、戸車がレールの上をスムースに走ってくれませんから、開け閉めするにも相当な力がいるかも知れません。

また、動きが悪い状態で使い続けると、ハンドルやロックにも負荷が掛かり、破損させてしまう恐れもありますから、放置するのは禁物です。

こちらの部材は、スチール製ですが、値段が高くてもいいものが欲しいということであれば、ステンレス製のものもご用意出来ます。

強化ペアガラスが入っている輸入の掃出しサッシは、ドア1枚何十キロもありますから、なかなか取り外すのは大変ですが、20年くらい経ったら戸車も定期的に交換してやると暮らしやすいかも知れませんよ。

私たちなら、戸車を交換する際はドアの建て起こしやロックの調整なども行いますから、より快適にお使い頂けるようになります。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス | タグ: , , |

掃出しサッシの調査を行いました

先日、延期になった兵庫県の輸入住宅でのガラスの採寸調査を実施しました。

地元のサッシ屋さんでは輸入サッシの取り扱いが分からないとのことで、ガラスの交換不可だったらしく、私たち ホームメイドが名古屋から出張調査をしに伺いました。

写真は、ガラスが割れた可動側のドアを一旦窓枠から外した処です。

割れたのは強化ペアガラスの外側に面した方だけですから、室内側のガラスは問題ありません。ですから、防犯上や雨漏れといった問題は特にないのですが、お客様としてみれば気持ちの上でよくないという感じのようです。

そこで、台風14号が過ぎてすぐにガラスのチェックをして差し上げるべく、お伺いした次第です。

割れた原因は、お隣の草を草刈り機で刈っていた際に、石が跳ねてガラスに当たってしまったということのようです。丸いバットやボールのようなものが当たっても強化ガラスはビクともしませんが、先が尖った石やクギのようなものだと粉々に割れてしまいます。

割れる際は大きな音がしますから、頭のいい空き巣などは輸入の掃出しサッシのガラスを割って侵入するなんてことは絶対しません。ただ、人目を気にしない粗い手口の泥棒などは、そんなことを考えずに割ろうとしてしまいますから、素人に近い人間は禁物です。

今回、ペアガラスの採寸を行うに当たって、重いドアを外しただけでなく、ガラスの周囲のガラス押え(押し縁)も全て外しました。

押し縁を外さないとガラスの全貌が分かりませんから、どうしても外さないといけないのですが、樹脂で出来ている為破損するリスクもあります。

古いサッシですから、そういった点を含めて慎重に作業を進める必要がありますが、大工やサッシ屋さんだと壊してしまうかも知れませんね。

あと、ガラスの採寸だけでなく、網戸の戸車も劣化して動かなくなっていましたから、それらの交換も一緒にお勧めしました。そうすれば、きっと気持ちよく掃出しサッシが使えるようになりますからね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス | タグ: , , , , |

見違えるようにきれいでしょ

今日は、四日市市のスウェーデン輸入住宅に伺って、古いパテの除去中に割れたガラスの入れ替えを行いました。

オリジナルの納まりが、サッシ枠とガラスとの間にあまり余裕がないという感じでしたので、それに合わせてギリギリの寸法でガラスを作ってもらい、どうなるかとちょっと心配でしたが、無事きれいに装着出来ました。

これでこのおうちの全ての窓のメンテナンスは、ほぼ完了。こちらの写真が、メンテナンスして仕上がった様子です。

台風一過で美しい日でしたから、一斉に窓を開けて空気の入れ替えをして頂いている処を撮ったのですが、真っ白のサッシが見事でしょ。

ガラスの周囲の防水処理は、スウェーデンからわざわざ取り寄せたガラス専用の真っ白い防水パテ。そして、木製サッシの枠は、パラペイントの木部専用防水塗料 ティンバーケアで白く塗装しました。

あのボロボロだった木製サッシが、ここまでクラシックな感じで蘇るんですね。今までと比べて、パテも塗装も耐久性が高くなっていますから、今後のメンテナンスの回数も相当削減出来るはずです。

<関連記事>: こりゃ、ひどい (2020年6月24日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス | タグ: , , , |

ドアノブも消耗品?

京都のお客様から輸入住宅のメンテナンスのことでいろいろご相談を頂いているのですが、その中の一つがこのドアノブ。

勝手口のドアに付いているものなんですが、破損してしまっているとのこと。

メーカーは、カナダ ワイザー(Weiser)製。まん丸の握り玉は可愛らしく輸入住宅ブームの時はこうしたデザインのドアノブが流行りました。

ドアノブ自体に内蔵されたバネが弱ってきているのか、それとも鍵の掛けられるラッチ(鍵爪)部品のバネがいかれてきているのか、何れにしても長年の使用で交換が必要のようですね。

屋外への出入口に施工されたドアノブの破損は、防犯上の問題にも関係しますから、出来るだけ早めに解消しておきたいものです。輸入のドアに開けられた取付け穴は、輸入のドアノブ(ドアレバー)であれば、どれでも簡単に交換出来ます。

ただ、日本で穴を加工したというドアの場合、結構穴の大きさや位置が違っている場合もありますから、そういう時は取り換えに苦労するかも知れません。

特にドアノブが結構早く壊れてしまったという場合は、そうした寸法違いによるストレスが原因であることがしばしばあります。

既に穴が明いている場合はそれを変えることは難しいですが、それでもある程度は調整出来るかも知れませんから、専門家に取付けをお願いしてみて下さい。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス | タグ: , , |

明日の出張調査は、延期です

明日、兵庫県の方に輸入の掃出しサッシのガラス交換を行う為の現地調査を行う予定でした。

写真は、今さっき会社の空を撮ったものですが、グレーの雲で覆われていて、風はないものの雨がしとしと降っています。

台風14号は、現地を午前中に通過してしまう予報ですから、午後からであれば、問題なさそうにも思われるのですが、台風が過ぎた後に風が残るという感じですから、サッシのガラスを触るのはちょっとリスキーです。

割れたのは、強化ペアガラスの外側1枚ですが、もう1枚に何かあるとそれこそ大変なことになってしまいます。

また、私たちが名古屋から関西方面に行く時は、丁度台風が向かってくるというタイミングですから、高速道路が閉鎖・通行止めになる可能性が高くなります。

お客様のことを思えば、早くやって差し上げたいという気持ちではありますが、何らかの事故があっては元も子もありません。ですから、明日の調査は延期して、もっとコンディションのいいタイミングでお邪魔すべきだと思います。

まだ、お客様からの返事はありませんが、多分考えをご理解頂けるはずです。記事をご覧頂いている皆さんも、家の備えをして下さいね。

<関連記事>: 強化ペアガラスの交換 (2021年8月11日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: ご案内・注意情報 | タグ: |

掃除屋さんが壊したらしい

東京のお客様からイナックス(INAX、現LIXIL)のユニットバスの浴槽の横に取り付けられたエプロンが固定出来ないというご相談を頂きました。

写真にある大きなプラスチックの板が、そのエプロン。

それを浴槽の横に固定する為の固定部品が付いていますが、それをお風呂の掃除に来た業者さんが破損させたとのこと。

原型を留めている部品については、針金を使ってエプロンに固定したのですが、部品が完全に割れてしまったものもあるようで、何とか調達出来ないかというお願いでした。

地元の水道屋さんは、古いユニットバスなので、エプロンの交換部材だけでなく小さな固定部品も手に入らないというふうに案内してきたらしく、お客様も非常に困っていらっしゃいました。

そこで、何とか固定部品だけでもないかとLIXILに直接問い合わせて、どうにかその部品を数個手に入れることに成功しました。

それにしても、古いものなんだから、掃除屋の人間ももう少し丁寧に扱って欲しいものですよね。もし今回手に入らなかったなら、粘着テープか何かで装着するなんて格好悪いことになりますから、ほんと嫌ですよね。

お客様には、固定部品と共にアルミのリベットやそれを取り付ける為のリベッターと呼ばれる工具もお送りする予定ですが、果たしてご自身で作業が出来るでしょうか・・・。

もし出来ないという場合は、また私が名古屋から出張して施工をしないといけませんので、ちょっと大変です。

<関連記事>: 遠隔操作でお客様にやってもらいました (2021年9月23日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス | タグ: , |