お知らせ

ガラスは交換出来たけど・・・

昨日は、静岡県浜松市でハード(Hurd)のダブルハングの割れたガラスを交換する作業をしてきました。

おうちは2003年に建てられたそうで、築17年目ということでそろそろメンテナンスの時期になってきたかという感じでしょうか。

このダブルハングは、アルミクラッドの木製サッシには珍しく、ガラスが割れても建具ごと交換するのではなく、ペアガラスのみを外して交換出来るという経済的なサッシです。

メーカーから取り寄せたペアガラスを現場に持ち込み、慎重にガラスの木製押し縁を外して交換を行いました。ただ、防水用にガラスの周囲に入れてあるコーキング材がべったり付いているので、これを剥がして建具枠からガラスを分離するのが本当に大変でした。

まあ、そうは言っても時間と労力を掛ければ何とかなるもので、無事交換を終えてガラスの周囲に再度コーキングを入れて作業を完了しました。

その際、ガラスが割れた下窓(ボトムサッシュ)だけでなく、上窓(アッパーサッシュ)のガラスの周囲も防水処理しておこうと思い、窓枠から建具を外したのですが、写真のように建具の下枠が黒く腐っていました。

もう中まで木が腐っていましたから、これを修理するには建具を交換する以外に方法はありません。幸い建具をバランサーに装着する為のピボットバーは、側枠の方にビス留めされていた為、建具の固定や開閉をする分には問題はありません。

それでも、これを放置すれば、そのうち下枠のアルミも脱落してくるでしょうから、近々建具を交換する必要はあるでしょう。

今、上窓の建具のみの交換が可能かや、新しい仕様・デザインに変更された上下の建具とサイドジャムの交換となるのかといったことをメーカーに確認している処です。

お客様でもう少し細かく確認をして頂いていれば、ガラス交換と一緒に建具の調達が出来たかも知れないので、少しもったいない気がしました。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス | タグ: , , , , |

これからの台風に備えて

静岡県沼津市のお客様から、ハード(Hurd)の掃出しサッシ(スライディング・パティオドア)の雨漏れについてお問い合わせ頂きました。

築20年だそうですが、サッシの下枠やフローリングと接するケーシングの中から、雨水が侵入してきているということです。

このサッシは、ベランダに設置された窓のようですから、ベランダの床防水がサッシのところまでちゃんと被っていない可能性もありますが、メーカーはサッシ自体の組立て方が甘かったのではないかと言っています。

この時代のハードの掃出しサッシは、ノックダウンで分解された状態で日本に輸入され、現場に装着する直前に組み立てるというのが一般的でした。

ですから、四方のサッシ枠を組み立てる時、コーナー部分の防水処理をちゃんと行っていなかったり、組付け方が甘かったりすると、そこに隙間が生じてしまい、雨水が侵入する恐れがあるのです。

ただ、サッシの下枠を外して交換するとなると、外壁やベランダの防水も触らなければならず、室内側も部分的に撤去・復旧するということをやらなければいけません。

状態にも拠りますが、まずはこれ以上雨が入らないように、サッシ枠の防水処理を行って、ウェザーストリップの納まりが悪いようなら、同様に修理してやるということで対処したいと思います。

ただ、黒い部分は、ある程度紙ヤスリなどで色を落とすことくらいしか出来ませんから、その点はご容赦頂く以外にありません。もうすぐ台風シーズンです。皆さんも、こうなる前に出来るだけ早く対処するように心掛けて下さいね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス | タグ: , , , |

梅雨時だからじゃないですよ

先日、チャネルバランサーを交換しに行ったおうちで、窓のペアガラスの中に水滴が入っているというので、ガラスの調査を行いました。

アルメトコ(Almetco)という輸入樹脂サッシ・メーカーのシングルハングサッシの上窓(ハメ殺しアッパーサッシュ)です。

写真では雨粒がガラスに付いているだけのように見えますが、この水滴はペアガラスの内側に付いています。

いわゆるペアガラスの内部結露ですから、ガラスを交換する以外直す方法はありません。内部結露というと、ガラスが薄っすら曇ったり、周囲の金属スペーサーが錆びてきたりしますから、このまま放置することはよくありません。

こちらのサッシは、屋外からでしかガラスを外すことは出来ない構造ですが、幸い窓があるのは1階ですので、長めの脚立で対応することが可能でした。万一これが2階にある場合には、外部足場を立てなければ作業が出来ません。

こうなることは、国産・輸入を問わずペアガラス・サッシの宿命ですから、10年毎にガラスの外部側をコーキング等で防水処理してやることが大切です。

それを怠ると、ガラス交換等の大掛かりな修理が必要となりますから、不具合が起きる前に定期メンテナンスを行いましょう。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス | タグ: , , |

さて、どれが使えるでしょうか?

古いトステム(TOSTEM)製の上げ下げ窓を修理する為にアメリカから取り寄せたバランサー部品のいくつかが届きました。

普通のアルミサッシなんですが、何故か可動建具を吊り上げているスパイラルバランサーは、アメリカ製を使っているようでした。

ですから、アメリカの部品をまねて国内で作ったような部品も存在していますから、どこまで輸入部材を使ったらいいか、判断がなかなか難しいというのが本音です。

そうは言っても、日本のメーカーで作ったであろうという部品も現在では手に入りませんから、似たような部品をアメリカから調達する以外に方法はありません。

今回、スパイラルバランサーは形が違うものを2種類と、建具と接続する為のピボットシューを2種類、ブラケットやピボットバーをそれぞれ1種類ずつ手配しました。

その他にも取付け可能と思われる部品をいくつか手配していますが、どの組合せが一番うまく適合するかは、やってみないと分かりません。全部が輸入材で出来たサッシであれば、どんなに楽なことでしょう。まあ、やるだけやってみようと思います。

<関連記事>: 国産のようで、国産でないかも・・・? (2020年6月13日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス | タグ: , |

網の張替え時は、取っ手もチェック

輸入の掃出しサッシに付いている網戸には、鍵が掛かるものと掛からないものが存在しています。

鍵と言っても簡単な鍵ですから、どうしてもないと困るということはありませんが、ちょっと面倒というだけで犯罪の抑止になるかも知れません。

写真は、サミット(Summit)社のスライディング・パティオドア用の網戸ですが、プラスチックの取っ手だけでなく、そこに付けられたロックレバーも壊れています。

網戸は、常に風雨や紫外線に曝されていますから、どうしても動きが悪くなる傾向があります。そんな状態なのに何もしないで使い続ける人もいますので、無理に動かそうと変に力を入れて網戸を開けようとすれば、徐々に破損するのは当然です。

少しゴミや汚れを拭いてあげたり、潤滑剤で動きをよくしてあげたりするだけで、もっと長く使い続けられるんですけどね。何れにしても、一旦破損してしまったものは元には戻りませんから、交換が必要です。

輸入網戸の部品はいろいろ種類がありますが、寸法的に適合すれば多少形が違っていても使えます。勿論、未だに同じ製品が販売されている場合もありますから、グラスファイバーの網を交換する際は、取っ手も一緒に調達するようにしたいものです。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス | タグ: , , , |

ハードでもガラス交換が可能です

以前静岡県浜松市のお客様から、ハード(Hurd)のダブルハングサッシのガラスが割れたので交換したいというご相談を頂きましたが、交換用のペアガラスが到着しました。

ハードのものに限らず、通常アルミクラッドのサッシは、ガラスのみの交換は難しく、建具ごと交換するというのが一般的です。

ただ、ハードのものでも一部ガラスのみを建具から外して交換出来るタイプがあるようです。

それは、ガラスを押えている押し縁の形状や取付け状況を見ないと分からないのですが、今回のものはガラスが交換出来るタイプでした。

先日、建具を外したという記事を書いたリッチモンドのアルミクラッドもペアガラスのみを交換出来るというものでしたから、交換を合理的に考えている窓メーカーはアメリカでもあるんですね。

このペアガラスは、厚みが19mmということで、国産のものにはない厚みです。また、ウォーム・エッジと言うガラスの周囲の熱の移動を極力少なくする工夫がされていて、ガラス自体のLOW-E遮熱コーティングと相まって省エネに貢献する仕様のペアガラスになっています。

既存の窓に入っているガラスと比べて、少し品質がアップしたものになっていますが、今後の暑さ対策として最適かも知れませんね。

<関連記事>: ペアガラスが外せるものもあります (2020年3月8日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス | タグ: |

網戸の開閉をスムースに!

三重県桑名市のお客様から、いくつか網戸をお預かりしました。

キャラドン(Caradon)というカナダのメーカーのサッシのものですが、長年メンテナンスが出来なかったということで、細かな処まで補修をしています。

今回は、スライディング・パティオドア(掃出しサッシ)の網戸の滑りが悪いということで、網戸の上下に付いている戸車(ローラー)部品を外してみました。

また、網戸のコーナーに仕込まれたL字のコーナー部品も一緒に外しています。どちらも鉄の鋳物で出来ていますが、少しざらついていて腐食が表面に出ている感じです。

それよりも、ローラー自体が錆び付いている感じで、スムースに回転してくれない印象です。そして、戸車のサスペンションとして機能するバネも劣化したり脱落したりしていますから、こうしたパーツは交換すべきかも知れません。

ローラー部品ももっとスムースに回るようにナイロンのローラーで出来たものがありますから、そうしたものに換えることも必要です。

因みに、ローラーは網戸のフレームに隠れますから、太陽の紫外線での劣化はあまりありません。ですから、雨による錆びのリスクの方が高いと言えるのです。皆さんの輸入住宅でも、よく使う掃出しサッシの網戸のメンテナンスをされては如何でしょうか?

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス | タグ: , , , |

これじゃあ、フタも取れるよな

名古屋市西区のお客様が賃貸しているモバイルホーム(トレーラーハウス)のメンテナンスへ行ってきました。

モバイルホームとは、トラックが引っ張る輸送用コンテナの大きさで、それを人が住めるようにプレハブで造ったおうちです。

アメリカでは、これをピックアップ・トラックやキャンピングカーなどで引いて、各地を旅するという人もいるのです。(車輪も付いていますから、配管などの接続を外せばどこにでも行けます)

今回のメンテナンスは、破損したチャネルバランサーの交換がメインですが、今後の為にサッシの詳細を調査しておいて欲しいというご依頼も頂きました。長年メンテナンスが行われていなかったようですから、玄関ドアやアプローチのデッキ階段などの修理・調整も必要です。

また、アルメトコ(Almetco)製のシングルハングのペアガラスが内部結露していますから、これも交換が必要です。そして、写真にある換気用のベント・キャップを交換して欲しいというご相談も頂きました。

排気ファンが回ると、その風圧でフラップが開いて換気をするという簡単な構造のものですが、薄いプラスチックの板で出来ている為、そのうち外れてどこかに行ってしまうらしいのです。まあ、簡易なフタですから、劣化すればなくなってしまうのは仕方ないですよね。

全く同じものは存在しないようですが、同じ大きさでそれに代わるものは今でも手に入るようですから、修理も然程難しくないと思います。モバイルホームなんて文化は、日本にはあまり馴染みがないでしょうから、お客様がご自身で部材を調達して修理するのは至難の業です。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス | タグ: , |

こりゃ、ひどい

三重県四日市市のお客様から、北欧系輸入住宅のメンテナンスについてご相談を頂きました。

19年前にノルディスカヒュースという住宅会社で建てられたそうですが、輸入サッシのガラスの周囲に施工されているガラス押えの防水パテが、劣化して一部脱落しているということです。

塗装もあまり質がよくないようで、蛇のウロコのようにどんどん剥がれてきているといった感じですね。

あまりの酷さから、お客様はサッシの入れ替えを含めて考えていらっしゃるようですが、簡単に交換出来るように施工されているかを確認しなければなりません。

30~40年前のスウェーデンの輸入サッシでは、こうしたパテ処理がされていたようですが、今ではあまり見掛けない製品です。それよりも随分新しい時代のサッシのはずですが、ローコストに走った時期では、ポーランドなどの国から安価で低品質なサッシも入ってきたこともあるようです。

何れにしても、一度現地を調査して、修理・メンテナンスで何とかなるのか、サッシごと交換しなければいけないのか、判断する必要がありそうです。19年前と言えば、ノルディスカヒュースもそろそろ潰れるという頃でしょうから、質より利益を優先したのかも知れませんね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス | タグ: , , , , , |

輸入サッシの建具を外してきました

静岡県熱海市のお客様のおうちに伺って、輸入サッシの建具(障子)を取り外す作業を行ってきました。

トステム(TOSTEM、現リクシル)が輸入・販売を行っていたリッチモンド(Richmond)社製のボウウィンドウとダブルハングサッシのペアガラス内に曇りが生じたということで、ガラスの交換を行う為に、一旦窓から建具を外して、社内でガラス交換を行う計画をしました。

通常、アルミクラッドの木製サッシは、ガラスの交換は不可で、建具ごとの交換が必要となるのですが、このメーカーのものは建具を分解してガラスのみを取り換えることが可能です。その為には、まずはペアガラスのサイズ計測を行わなければなりませんから、一旦窓から建具を外して分解する必要があります。

でも、今回ガラスの交換が必要な建具が、ボウウィンドウの5枚とダブルハングの4枚(2ヶ所の上窓・下窓)で合計9枚もありますから、現場ですぐに分解から計測、組み直しまで行うには、数日を必要とします。

ですから、全ての建具を一旦外して、それを会社に持ち帰ってから、じっくり一連の作業を行いたいと思います。また、持ち帰っていれば、新しいペアガラスが届いた時にすぐに交換することも可能です。

ただ、持ち帰る為には、窓から雨漏れがないように防水を行わなければなりませんし、防犯対策として外から養生材を外されないようにする必要があります。それを現場で一気に行う訳ですから、結構頭も使いますし、作業には熟練を要します。

さて、作業前と作業後の様子を見て、如何でしょうか?窓にピッタリの大きさで耐水合板が入っていますよね。

勿論、屋外側にはビスや釘が全く見えないように養生してありますから、厚い9mm合板を破らない限り空き巣がここから侵入することは出来ません。

また、合板の周囲には気密を保つパッキン材を回してありますから、隙間からの雨や外気の侵入の心配もありません。

名古屋から遠く熱海まで出張して施工を行うのですから、半端な仕事では輸入住宅の専門家ですと言うことは出来ません。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス | タグ: , , |