お知らせ

ロックレバーも調達します

群馬県のお客様から、ヴァイスロイ(Viceroy)社製掃出しサッシ(スライディング・パティオドア)のドアハンドルが欲しいというご相談を頂きました。

写真は、ドアの内外に付いているハンドルセットですが、室内側のハンドル内に装着するロックレバーも一緒に調達したいそうです。

ロックレバーもハンドルも樹脂で作られているので、太陽の紫外線に曝される場所にサッシが付いていれば、そのうち劣化してしまうのは仕方ありません。

ただ、ロックレバーについては紫外線による経年劣化で破損するというよりは、ドアの取付け位置が変化して鍵が掛けられないという不具合が原因で、無理に鍵を掛けようと動かないレバー回したことで割れてしまうということが多いかも知れません。

勿論、プラスチックも長年の使用で弱くなっていますから、それも複合的な要因にはなっていると思います。

今回は、ハンドルとロックレバーを調達してお送りするのがミッションですが、お客様の方では掃出しサッシの建て起こし調整を一緒にして頂かないと、また同じ問題が発生しますから注意が必要です。

対処療法で壊れた部材を交換しても、根本原因がそのままでは、最終的な問題解決にはならないのです。

私たちが取付け作業まで行うのであれば、そういった調整を含めてメンテナンスを行いますが、単に部品供給をさせて頂くだけのお客様ですと、どうしてもその点は自力更生して頂く他ありません。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス | タグ: , , , |

網戸の取外しには必修ですよ

最近立て続けに、輸入サッシの網戸を固定する為のスクリーンピンが欲しいという問い合わせを頂きました。

私たちは、マーヴィン(Marvin )から敢えて樹脂シャフトの網戸固定ピンを調達しているのですが、ハード(Hurd)等の他の輸入サッシでもお使い頂いております。

樹脂シャフトのいい処は、シャフトに頭のツマミを差し込むのに手の力でも簡単に入ってくれて抜けにくいという点です。

これがアルミのシャフトとなると、金槌で強く叩かないと差し込めません。その際にアルミのフレームや網にダメージを与えてしまうといった、予想外のトラブルも発生します。

また、シャフトが樹脂だとピンの劣化が早いと思われるかも知れませんが、劣化するのは頭のツマミの部分は殆どです。ツマミの部分は、シャフトの材質に関わらず全て樹脂で出来ています。

そこが常に露出していますから、ツマミの部分が劣化して割れてくるのですが、シャフトは網戸のフレームの中に隠れてしまう為、樹脂であっても劣化することは殆どありません。

マーヴィンはアルミと樹脂の2つのシャフトのものを販売していますが、私たちは使いやすい樹脂シャフトのスクリーンピンをお勧めします。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス | タグ: , |

バネが弱ると開けにくい

あま市のお客様から輸入玄関ドアに取り付けられているハンドルセットの室内側ドアレバーが下がったままで開けづらいという相談を頂きました。

こちらのハンドルセットは、クイックセット(Kwikset)のチェルシーというデザインのもので、室内側のドアレバーはコモンウェルス(Commonwealth)というタイプが選択されています。

こういう状態の時は、レバー内に取り付けられているバネが弱ってきているということの他に、鍵爪を出し入れするドアラッチという部品のバネも経年劣化してきている可能性があります。

ドアレバーだけを交換してもある程度直るとは思いますが、ちゃんとした状態で気持ちよく使いたいというのであれば、2つ共交換しておいた方が無難だと思います。

どちらも問題なく手に入る部品ですから、心配する必要はありません。ただ、最近クイックセットも、ものによっては従来の製品を生産中止にしたり、色のバリエーションを制限したりしていますから、製品として存在しているうちに早めに交換しておくことはいいことかも知れません。

皆さんのおうちでもまだ使えるからと交換せずにお使い頂いている輸入資材がありましたら、メンテナンスを考えるようにしてみては如何でしょうか?

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス | タグ: , , |

防犯の為にも直したい

徳島県のお客様からインシュレート(Insulate)社製スライディング・パティオドア(掃出しサッシ)のロック金物が破損したので部品が欲しいという相談を頂きました。

ロックレバーを下げると、ロック用のフックが飛び出して鍵が掛かるというシステムで、防犯性が高い分破損した状態で鍵が掛かってしまうと外しにくいという側面もあります。

今回は、破損したロックケースも外すことが出来るようですから、鍵が掛かったまま開けられないということはないようですが、逆に鍵が掛けられないというのも心配です。

予備も含めて2個のロックケースを調達するように、早急に手配を進めますが、師走で泥棒や空き巣も増える季節ですから皆さんも鍵のチェックをしてみては如何でしょうか。

輸入サッシのロック金物は、15~20年で新しいものに交換すると、いつまでも調子よくお使い頂けると思いますよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス | タグ: , , , |

こんなものも交換したい

先日福岡へ窓のメンテナンスにお邪魔した際に、網戸をサッシに固定する為の固定部品も手に入らないかとの相談を受けました。

それは、サーティンティード(CertainTeed)社ケースメントサッシの網戸固定クリップというもので、網戸のヘリに引っ掛けて網戸が外れないようにするという機能を果たします。

クリップを留める部分もクリップ本体も全てプラスチックで出来ている為、15年以上使っていれば経年劣化で割れたり欠損したりするのは仕方ないですね。

小さくて他愛もない部品ですが、これが使えないと網戸を窓枠に装着することが出来ませんから、なくてはならない存在です。今回お客様からは、40個程の調達をご依頼頂きましたが、無理なく手に入れられると思います。

やっぱり、こういう部品は予備を含めて購入しておきたいものです。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス | タグ: , , |

強固な鍵を解除しました

福岡県のお客様の処に伺い、サーティンティード(CertainTeed)社のケースメントサッシのメンテナンスを行ってきました。

以前、マルチポイント・ロックのロックレバーが取れてしまったという記事を書かせて頂きましたが、やはりレバーだけが壊れたのではなくロックも掛かったまま解除出来なくなっていました。

マルチポイント・ロックは、窓枠と建具とが密着するように鍵を掛けられる仕組みですから、隙間が全くありません。

ですから、素人のお客様がご自身で鍵を開けるということは、ほぼ不可能な状態でした。鍵の解除が出来そうな道具や材料をいくつか用意をして行きましたが、解除につながる有効な手段がなかなか見つからず、数時間窓と格闘しました。

ただ、窓の構造は熟知していましたから、何をどうすればいいかということは分かっていましたから、その点を考えながら冷静に作業を進めました。丁度お昼になりそうという頃、突然その時がやってきました。

ロックが引っ掛かっている部分に金属棒を当てて、その上からハンマーで叩いてやった処、見事にロックが外れました。文字で書いても、皆さんはよく分からないかも知れませんが、まさに問題箇所をピンポイントで攻略した瞬間でした。

その後、ロックや開閉の関連部品を一様に交換・調整して、作業を完了しました。やはり、取付け場所の浴室は、水分や湿気が多い為金属部品の劣化が著しいことを考えると、悪くなる前に早めに交換・修理をして頂くことが望ましいと思います。

それにしても、お風呂の窓が開けられないのは、湿気がこもって大変だったでしょうね。

<関連記事>: ロックが掛かったままでなければいいのですが・・・ (2021年10月6日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス | タグ: , , , |

重量があるサッシは、ダブルで持ち上げます

京都府のお客様のおうちで、MBF製の上げ下げ窓のバランサー交換を行いました。

横に長い少し大きめのサッシで、開閉する建具の重量も8kg近くありました。

通常付けられているコイルバランサーは、両サイドに1個ずつなんですが、それだけでは建具を持ち上げられないことから、バネを上下に2個連結させたタンデム型のコイルバランサーがそれぞれ装着されています。(3個のものもありますが、まだ日本では見たことがありません)

バランサーを交換する為に使うサッシ・フレームを無理矢理広げるエキスパンダーという工具は、バランサーの高さに合わせて2個使いますが、タンデムとなると工具同士の距離が広くなり、フレームを広げてもその中央部は思った程広がりません。

ですから、通常よりも更にフレームを広げなければならないのですが、あまりやり過ぎるとフレームが割れてしまうリスクもあり、慎重な作業が求められます。

バランサーは、吊り上げる建具の重量と建具の高さによって、強度と内蔵されたバネの長さが変わってきます。今回も無事にコイルバランサーの交換が完了しましたが、現場によって常に状況が違いますから、作業には細かな観察と気遣いが必要です。

そうそう浴室は水分や湿気が多いですから、ステンレス製のバネでも劣化して切れてしまいます。コイルバランサーは、15年くらいで新しいものに交換したいものですね。最後に、ガラスの周囲に水が入らないように防水処理を行って、作業は終了しました。

<関連記事>: 京都まで修理と調査 (2021年10月27日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス | タグ: , , |

これはないでしょ!

今日、部屋の壁から雨漏れするというおうちの防水メンテナンスへ行ってきました。

当初は、屋根が三角になった破風という場所の軒裏に穴明きボードが施工されている処から、横殴りの雨が入ったのだろうと思っていましたが、足場を架けて外装の様々な場所をチェックしましたら、そこだけの問題ではなさそうということが分かりました。

今回穴明きボード(有孔ボード)については、鈑金の薄板を張って防水処理を行いましたが、それ以外の問題点のひとつをご紹介します。

それが、写真にあるエアコンの室外機の配管。何らかの事情で室外機を外したのだと思いますが、その配管が外壁の穴から無造作に飛び出しています。

私の常識でしたら、配管周りは雨が入る格好の場所ですから、配管を一旦取外してから穴を塞ぐか、配管をそのままにするなら、配管周囲の隙間を埋めるかして外壁から雨が浸入しないようにします。

でも、現場の状況を見る限り、室外機を外しただけで何も処理していないという感じなんです。これじゃあ、家の中まで雨漏りするのは当然かも知れません。エアコン業者さんがやったのかどうかは定かではありませんが、これでプロの仕事と言えるのでしょうかねぇ?

ちょっと考えられない状況で、久し振りにビックリしました。それにしても、この状態はいつからだったんだろうなぁ~???

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス | タグ: , , , |

剥がしちゃダメよ

20年近く前に施工させて頂いたおうちの浴室水栓から、水漏れするという不具合がありました。

旧イナックス(INAX、現LIXIL)が製造したユニットバスなんですが、浴室のシャワー付き水栓には止水パッキンとしてカートリッジバルブが使われています。

このバルブは、通常の吐水とシャワーとの切替えも出来る構造になっているスグレモノです。

国産のものだと、20年もすると交換部品は在庫にないというのが普通ですが、こちらの部品は運よくまだ手に入るようです。恐らく安価で使いやすく、INAXのユニットバスに長く採用されていたんでしょうね。製品寿命の長いものであれば、その分部品の製造期間も長くなるからです。

ただ、同じ製品であっても、途中製品改良が行われているケースもありますから、製品の特定や製造時期が重要となります。ユニットバスの場合、製品のどこかにその記載があるのですが、INAXの場合は浴室ドアの室内側の上部に製造シールが張られています。

国産・輸入に係わらず、資材のどこかに製造番号が記載されたものが付いていることは多いのですが、見栄えを考えて剥がしてしまう人もいるかも知れません。

でも、そうしてしまうと、その製品がどういったものだったのかはっきりしなくなって、補修用の交換部品が調達出来ないなんてこともよくあります。こうしたものは、そのままにしておいて頂くか、文字が消えそうであれば、写メに撮って保存をしておくことがいいかも知れません。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス | タグ: , , , |

漏れるのは、蛇口だけじゃない

大阪府のお客様からジョーデン(Joden)というメーカーの洗面水栓から水漏れするという相談を頂きました。

他の水栓メーカーのもののように、蛇口の吐水口から水がポタポタ落ちるという不具合もあるのですが、鶴首パイプの根元辺りからも水が出てくるというトラブルもあるようです。

最近の水栓金具は、国産でも輸入でも止水パッキンとしてカートリッジバルブを採用する製品が多くなっていますから、ギュッと固く回してしまうと、バルブが破損して吐水口から水漏れする状況が増えています。

ですから、今回も恐らくそういった原因で水漏れするようになったのではないかと思いますが、鶴首の根元からの漏水は何かの拍子に鶴首を変な方向に動かしてしまったり、長年の使用でパッキン材が劣化したりした為ではないかと思います。

長い鶴首を持った水栓金具は、やはりジョイント部分の強度が弱点となりますから、出来るだけ動かさないことが一番かも知れません。ただ、こうした不具合が発生しても、鶴首の歪みがひどくなければリング・パッキンを交換してやれば、元通りに直るものです。

水栓金具は意外と繊細に出来ていますが、定期的にメンテナンスすることと、丁寧に扱うことをすれば20年は問題なく使い続けられると思います。気に入っている水栓を交換するのが惜しいのであれば、日頃の手入れもちゃんとやるようにして下さいね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス | タグ: , , |