お知らせ

ベルックス製トップライト周囲の雨漏れ

先日、瓦屋根の雨漏れについて記事を書かせて頂きましたが、その原因と思しきトップライトの周囲の防水処理を確認すべく、瓦を外してみました。

トップライトは、ベルックス(Velux)製のしっかりしたものですから、天窓本体に異常はありませんでした。

問題は、天窓周囲の鈑金作業。トップライトと屋根瓦との間には当然隙間が生じます。

その隙間から天窓本体へ雨水が侵入しないようにすることと、その雨水が瓦の下に入ってしまわないように天窓の周囲を鈑金材で固めて、鈑金の上を流れる雨水を瓦の上に自然に排出するといった雨仕舞が必要となります。

天窓の横には黒いウレタン材が鈑金の家に張り付けてあって、これが天窓と屋根瓦との間に出来た隙間から入った雨を外側(横方向)へ出さないようにする堤防の役割を果たさなければなりません。

ただ、瓦を留める為に横に走っている瓦桟が、ウレタン材の一部を壊してしまっているようです。これでは堤防の役目を果たせず、外(横)へと雨が出て行ってしまいます。

それを更に防ぐ為の防波堤が、鈑金材の端にある立上りです。ただ、これも瓦桟によって押し潰されているようで、大量の水が流れてくる状況となるとそこを越えてしまうと思います。

ただ、それを越えなかった雨水が下へと流れて、瓦の上へと放出される手前で鈑金の立上りが終了していて、そこには瓦の裏へと水が入ってしまう水の道が出来ていました。

これでは、せっかくの立上りが何の役目も果たしていませんし、瓦で隠れている場所で起こった出来事ですから、お客様も全く気付かないということになりますね。

家づくりは目に見える部分も大切ですが、見えない下地処理を如何に丁寧に施工するかが一番大事だということがお分かりでしょうか。

こうしたことは、如何に有名な建築家でも、大手の住宅メーカーであっても問題を防ぐことは出来ません。実際に施工する職人の技術や知識が如何程かが、勝負の分かれ目となるのです。

<関連記事>: 瓦屋根の雨漏れ (2020年8月10日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス | タグ: , , , |

今度は、ケースメントサッシを解体しました

先日、リッチモンド(Richmond、販売元:トステム)製のダブルハングサッシの建具枠を取外して、ペアガラスの実寸法を計測したという記事を書かせて頂きました。

そして、今回は5連のケースメントが組み合わさったボウウィンドウのガラスを交換する為に、ダブルハング同様四方の建具枠を外しました。

写真が外し終わった処ですが、アルミカバーと木枠も分離させました。

それは、ペアガラスの片面がアルミカバーに接着していて、もう片面が木枠の溝に接着している為、分離させないと両面にガラスの古い防水テープ(グレージング・テープ)を取り除いて新しいものを貼るという作業が出来ないからです。

アルミクラッドのサッシを解体するなんて、普通じゃあり得ないことですが、解体方法の知識と道具さえあれば、こんなことも出来るんですね。

ただ、枠を取り外して分かることですが、リッチモンドのサッシは一旦雨がサッシの中に侵入すると、それが外に抜けるような仕組みがありませんし、水が滞留することで木を腐らせてしまったり、ペアガラスを曇らせてしまったりというリスクのあるサッシだと思います。

勿論、どの輸入の木製サッシでも同様のリスクは少なからずあるのですが、その割合が少々高めかも知れません。やはり、ガラスの周囲やアルミカバーのつなぎ目等については、コーキングなどでしっかり防水処理を行うことが必修です。

それを定期的にやりさえすれば、いつまでも美しくて快適な窓を保つことが可能ですから、どうぞ皆さんもご用心下さいませ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス | タグ: , , , , |

瓦屋根の雨漏れ

アンダーセンのサッシの修理・交換をご依頼頂いた輸入住宅で、現在屋根やベランダからの雨漏れについても工事を開始しております。

今日、長い梅雨で遅れていた屋根工事をスタートしたのですが、問題がありそうな付近の屋根瓦を外した様子がこちらです。

アスファルト・ルーフィングと呼ばれる屋根用の防水紙の上を雨が放射線状に伝ったことが、ルーフィングの汚れや瓦桟の損傷から見て取れます。

また、横に走っている瓦桟(桟木)が腐っていますが、雨による腐りの他に菌類(キノコ)による腐敗も大きいようです。

発泡ウレタンの断熱材のような薄い黄色をしたフカフカした菌類ですが、雨が流れるのを桟木で留まらないようにする通水用の隙間をも、菌類が繁殖して埋めてしまった為に桟木の上で雨が溜まってしまう状況を作り出した感じです。

勿論、そこに溜まった水が、桟木を留めている又釘(ホチキス)の穴からルーフィングの下に入り込み、野地板を腐らせたり室内に雨漏れを発生させたりしていました。

この雨漏れの原因は、写真一番上のトップライト(ベルックス製)の右側に施工された鈑金防水の施工不良だと考えられます。

天窓の鈑金の上の雨は、瓦の上へと導かれないといけないのですが、瓦の下へ落ちるような施工をしてしまったらしいのです。

多少のことであればいいのでしょうが、形状が南面の大屋根だった為に大量の雨や湿気・高温で瓦の下は酷いことになってしまいました。

一つの施工ミスが、様々な不具合をもたらす見本のような現場です。建築会社の人間が全てプロだと勘違いしていると、酷い目に遭わされるかも知れませんね。

見積金額や見た目に踊らされることなく、どんな仕事をしてきたのか、どんな情報発信をしているのか、そういったことが施工業者を決める決め手と言えるのではないでしょうか。

因みに、最近は木製の桟木ではなく、腐らない樹脂製のものもあるようですが、10年もしないうちに油分が抜けてボロボロになるらしいですから、油断は禁物です。

<関連記事>: ベルックス製トップライト周囲の雨漏れ (2020年8月12日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス | タグ: , , , |

グリルピンもなくなりますよね

新築から10年以上経ってくると、輸入サッシの木製飾り格子を留めておく為の固定ピンが取れてなくなってしまうなんてことがあります。

プラスチックで出来たつまみ部分に細い針が差さっている程度の簡単なパーツですが、針が曲がってしまったり、つまみの部分が欠損してしまったりして、格子が外れそうになっているおうちも多いのです。

何か別のもので代替している人もいるようですが、いい加減な感じがして見ため的にもよくないかも知れません。

このグリルピンも大きさや種類が様々ありますから、よく確認しないと大きさが合わないといったケースもありますから、そこは慎重に調達したいものです。

こういう部品は、太陽の紫外線や熱で劣化しやすいものでしょうから、出来れば少し多めに購入して頂いて、将来の交換時期に備えておくのもいいかも知れませんね。

こういった細かな部分にまで気が行き届いているおうちって、どこを見てもきちんとしてあります。そういう家は、修理のインターバルも比較的長いですし、あまり酷い状態になっていませんから、時間も費用も然程掛からないんです。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス | タグ: , , |

やっぱり、ビスじゃないですね

ご自身でマーヴィン(Marvin)製掃出しサッシ用網戸の取っ手を手配されたという方から、新しい取っ手を取付け出来ないというご相談を頂きました。

取っ手には鍵を掛ける為のロック・ハンドルが付けられているのですが、ハンドルを固定する部品がビスではなくカシメ(リベット)になっています。

以前私の記事でも同様のものを調達した為にリベット打ちの工具をわざわざアメリカから取り寄せたということを書かせて頂きましたが、お客様もこんなものが送られてきて、きっとビックリしたことでしょうね。

お客様ご自身で今後何とかされるのか、他を含めてメンテナンスの作業を行う際に私たちが取付けまでやって差し上げるのか、はっきりしませんが、何れにしてもちょっと面倒なお話です。

ただ、こうした網戸の取っ手は、プラスチックで出来た消耗部品ですから、どの輸入住宅でも何れ交換すべきタイミングがやってきますので、網戸の張替えを行う際は取っ手や戸車といった部品も交換しておきたいものですよね。

<関連記事>: 普通の人じゃ、取付けは無理でしょ~ (2020年6月19日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス | タグ: , , |

マーヴィンにもバランサーは付いている

マーヴィン(Marvin)社製ダブルハング・サッシの開閉について調子がおかしいというご相談を頂きました。

写真をご覧頂いた通り、サイドジャム内に内蔵されたバランサーのバネが外れて見えています。

また、バネに接続してある吊りヒモも、建具(障子)から外れて伸びています。

上げ下げ窓ではこうした部材は見えない状態になっていますが、露出した状況になっているのはバランサーに不具合があったと考えることが出来るでしょう。

ペアガラスの入った重い建具を手の力だけで持ち上げるのは大変ですし、開けたにしても手を離せば自然と下へ落ちてしまいます。

そうならない為に、どんな輸入の上げ下げ窓でも窓枠の両サイドにバランサーと呼ばれる吊り金物を用いて建具の重さを支えています。

写真のものは、マーヴィンでも比較的新しいタイプのサッシのようですが、不具合が起きるタイミングは一定ではありません。確かに、私たちも15年くらいを寿命の目安にしているのですが、それより長く持つものもあれば、早く切れてしまうものも存在します。

マーヴィンのバランサーの交換は、サイドジャムを外したり、防水処理の施工を手順通りに行わなければいけなかったり、サッシの構造を熟知していないと間違えてしまう恐れもありますから、専門知識を持った人に交換してもらった方が安心かも知れません。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス | タグ: , |

このサッシのガラス交換は大変です

ペアガラスが曇ってきたということで、いくつかのサッシ建具を現場から持ち帰ってきたのですが、そのうちのいくつかを分解修理しています。

昔、トステムが輸入していたリッチモンド(Richmond)社製の輸入サッシですが、この建具(障子)はアルミクラッドには珍しくペアガラスを建具から外して交換出来るというタイプです。

マーヴィンやアンダーセン、ペラといったアルミクラッド・サッシは、何れもガラスのみの交換は出来ず、建具ごと交換しなければなりません。

そういった意味では経済的なサッシですが、ペアガラスを外すには相当の手間と道具が必要です。

写真は、建具の三方のアルミカバーを外して、残すカバーは下枠の1枚となったところです。ここまでアルミカバーを撤去するには半日程度の時間を使いました。

ただ、下枠の片方の木部が、既に相当な腐敗を起していますから、木部を修理・再生しないとこのままでは使えません。

最後の白い下枠カバーをこれから外す訳ですが、このままでは外すことは出来ず、木枠に加工を施してから撤去に取り掛からなければなりません。

それにしても、もう少しやりやすい方法を予め考えて欲しかったですよね。だって、まだ何枚も修理すべき建具が残っているのですから、嫌になります。

こうやって、ペアガラス全体を露出させたところで、ガラスの実寸を計測して、オーダーで輸入のペアガラスを作ってもらいます。

ガラスを装着した後も単に元に戻すだけでなく、防水施工や塗装作業といった工程も行いますから、その労力は大変なものですよ。多分、余程の暇人かマニアでなければ、修理はやれませんね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス | タグ: , , |

バランサーだけ交換しても直らない

何年か前にミルガード(Milgard)社製シングルハング・サッシのバランサーを交換させて頂いた輸入住宅があるのですが、バランサーが建具から飛び出してきて、窓の開け閉めが出来なくなったというご相談がありました。

そのサッシ建具(障子)の両サイドに隠れるように装着されているはずのチャネルバランサーの頭が、ご覧のように見えるではありませんか。

通常、ここを覗き込めばちょっとだけ見えるものなんですが、ここまで見えることはありません。

建具を窓枠から外して、バランサーの状態を見ましたが、交換して然程時間が経っていませんから、特に問題はありません。

ただ、バランサーを建具の脇に抑え込んでおくトップガイドと呼ばれるプラスチック製の部品が欠損してなくなっていました。

この部品がないと、バランサーは建具に引っ掛かりませんから、飛び出してしまうのは当たり前で、当然開閉も出来なくなります。

バランサーを交換した際は、まだ問題なかったパーツでしたが、西日のせいかこの数年のうちに劣化が進んでしまったようです。

ミルガードのトップガイドは、今は手に入りませんが、代替となるものがいくつかありますから、そうした部品を装着したいと思います。

ですから、チャネルバランサーをお使いの皆さんは、バランサーだけでなく、ガイド部品も交換が必要かどうかチェックしてみて下さいね。

<関連記事>: チャネルバランサー交換時には一緒に交換 (2019年7月4日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

| カテゴリー: メンテナンス | タグ: , , |

ロックレバーが壊れました

先日ミルガード(Milgard)の掃出しサッシのロックが掛かったまま外れなくて困っていらっしゃるお客様のことを書かせて頂きましたが、昨日無事に鍵を解除してきました。

ミルガードのものは丈夫なロックケースですから、なかなか壊れることがないのですが、外してみたら見事に壊れて動かなくなっていました。

新しいロックケースに交換した上で、ドアの調整も行いましたから新築当時のようにスムーズに開閉するようになりました。

そうこうしているうちに、次は同じミルガードのハンドル・ロックのレバーが欠損して困っているというご相談がありました。

普通は、室内ハンドルの横からレバーがちょこっと飛び出して付いている状態なんですが、写真のようになくなっています。

恐らく鍵が掛からなくなってきたか、鍵が開かなくなってきたかした為に、無理にロックレバーを上げ下げしたんだと思います。

レバーは鋳物で出来ていますから、無理に力を掛けると折れてしまうんです。

お客様はロックレバーのみ欲しいというご希望ですが、本当はレバーが壊れた原因を究明して、根本から解決してあげないとまた同じ不具合が生じますから、安易に考えてはいけません。

勿論、私たちはロックレバーだけの供給も可能ですが、・・・。

<関連記事>: 鍵のトラブルには、必ず兆候があります (2020年7月14日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス | タグ: , , , , |

雨が降るとドアが開かない?

お客様から玄関ドアのロックが掛かったまま開けられなくなったという相談を頂きました。

輸入のドアロックは、デッドロック(デッドボルト)と呼ばれる鍵でカンヌキ(デッドロック・バー)が受け金物(ストライク)の穴に差さってロックされるという仕組みです。

その受け金物の写真を頂いたのですが、カンヌキが擦った跡がドア枠から受け金物に掛けて付いています。

よく見ると、それは受け金物の穴の中心に向かっているのではなく、穴の下の方に向かって付いています。こういう場合は、原因はドアの下がりや変形が考えられます。

ドアヒンジが長年の使用で擦り減ってしまい、どの分ドアが敷居の方に下がってしまうケースや、雨や湿気でドアが重くなったり歪んでしまったりして、カンヌキの位置がずれてしまうことが考えられます。

勿論、その両方が重なって鍵が固くなり、解除出来なくなるということもありますから、状況を細かくチェックする必要があります。

今年は梅雨の長雨でしたから、雨に当たりやすい場所にある玄関ドアは、鍵が掛けられなかったり開かなかったりするかも知れません。10~15年に一度は輸入住宅の専門家にお願いして、ヒンジの交換やドアの調整をお願いして欲しいものですね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス | タグ: , , , |