お知らせ

シャフト取付け型のガレージ・オープナー

シャフト取付け型のリフトマスター社電動オープナー

シャフト取付け型の電動オープナーと言えば、ウェイン・ダルトン(Wayne Dalton)社製の「i Drive」を思い浮かべますが、こちらのガレージドア・システムはトーション・スプリングが内蔵されたトルクマスターという特有のシリーズだけのものでした。

一般的なシャフト露出型のトーション・スプリングと異なり、国内では交換品の在庫をしているところがない状況ですので、チューブ・シャフト(トルク・チューブ)の使用には問題があると言わざるを得ません。

当然、これを標準的なトーション・スプリングのシャフトに交換すれば、「i Drive」も標準品に交換する必要があります。

もしチューブ・シャフトに問題がなく「i Drive」のみを交換したいとしても、この「i Drive」は国内に在庫はありませんから、一般的なチェーン・ドライブやスクリュー・ドライブ、ベルト・ドライブのガレージ・オープナーに交換することになります。

ただ、最近発売されたリフトマスター(Liftmaster)社製のオープナーなら、「i Drive」と同様にシャフトに直接取り付けるタイプとなりますから、ガレージドアと天井の間のスペースがあまりない天井の低いガレージには持って来いかも知れません。

(通常の電動オープナーを取り付ける場合は、ドア開口の上端と天井との間は、最低40cmの空間が必要となります)

でも、新しいタイプの電動オープナーは、本体の大きさ故にガレージドアと袖壁(側面の壁)との間にスペースが必要です。

そういう寸法的な問題をクリア出来れば、スッキリとしたガレージになるでしょうし、今話題のスマート・スピーカー(AIスピーカー)のようなNET機器を接続すれば、スマホでドアの開閉が自動で行えるようですよ。(別売のリモート・ライトといった照明装置も追加可能です)

何かガレージ・ライフもどんどん進化してきていますねぇ。

<関連記事>: ウェイン・ダルトン社製のガレージ・モーター「iDrive」 (2015年7月10日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。

※ この「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合がありますので、新しい記事を参照頂くか、金額をお問い合わせ下さい。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: 資材・商品 | タグ: , , |

ロックが出来ないローウェンの4枚引き戸

ロックが出来ないローウェンの4枚引き戸

美しいゴールドのハンドルが、その豪華さを物語るローウェン(Loewen)社製の4枚引き戸(4 WIDE SLIDING PATIO DOOR)。

そのロックセットの鍵が掛からなくなったということで、今回ご相談を頂きました。

こちらの掃出しサッシは、非常に高価なもので本当にこだわりのあるお客様しか採用されなかったように思います。価格に伴い、取付けられているハンドルセットやロック金物も防犯性が高く、ダグラスファーの木目や細かなデザインも美しいと思います。

ロックは「3 Point Lock」と言って、室内側のサムターンを回すと3ヶ所で鍵が固定されてしまうというスグレモノ。国産でも輸入でも掃出しサッシは、通常1ヶ所しかロック出来ませんから、その堅牢さは折り紙付きです。

ただ、鎌錠タイプのロックラッチを出し入れする仕組みは、ロックケースに内蔵された小さなバネ部品に依存することから、ここが破損してしまうと鍵が掛からなくなってしまいます。

ロックケースは分解することが出来ませんから、当然部品の交換も不可能です。(尚、不具合箇所をちゃんと特定するには、金物をドアから外して確認することをして下さいね)

こういう場合、どうしてもロックケースやその周囲の部品の交換が必要となってきますが、金物類の交換もそれなりに高価なものとなってしまいます。当然受注生産品となっていますから、カナダで製作してもらって交換するまでには数ヶ月の時間も要します。

本当は、セキュリティや将来のトラブルに備えて、予備のロック・パーツを一緒にご購入頂くようにお勧めしたいのですが、価格故にそこまでお考え頂ける方はなかなかいらっしゃらないかも知れません。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。

※ この「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合がありますので、新しい記事を参照頂くか、金額をお問い合わせ下さい。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: 健康・安全 | タグ: , , , , , |

隙間を埋めたマーヴィンのベイウィンドウ

隙間を埋めたマーヴィンのベイウィンドウ

こちらは、マーヴィン(Marvin)社製のアルミクラッド・ベイ・ウィンドウ(台形出窓)のケースメントです。

随分とサッシの枠が汚くなっているように見えますが、これは木部塗装が剥がれてきているのと、防水材のウレタン・フォームが窓の隙間に塗り付けられているからです。

よく見て頂くと、建具(障子)が少し外に開いている感じが分かると思います。建具自体の歪みなのか、建具を支える金物の歪みなのかは不明ですが、窓の建て起こしが狂って建具が窓枠の中に引き込めなくなった為、雨風が入らないようにとお客様自身がその隙間を埋めたようです。

対応してもらえる建築業者がいなかったのが問題ですが、恐らく建具も腐ってきていますし、金物の交換も必要でしょうから、作業は結構面倒かも知れません。

何とかしようと考えたのでしょうが、素人考えでは更に余分な仕事が増えてしまうこともありますから、私共のような専門家にまずは相談して欲しいと思います。だって、これでは窓は二度と開けられないですし、外から隙間に入り込んだ雨で建具は更に腐ってきますから。

それにしても、建てたら建てっぱなしという住宅メーカーが多いですし、必要なメンテナンスにお金を掛けない住み手もいらっしゃいます。これではせっかくの財産である輸入住宅も、ゴミのように壊され捨てられてしまいますよね。

適切で早めのメンテナンスこそが、おうちの寿命を左右します。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。

※ この「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合がありますので、新しい記事を参照頂くか、金額をお問い合わせ下さい。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス | タグ: , , , , |

キャラドンのチルト・ラッチの破損

キャラドンのチルト・ラッチの破損

こちらは、カナダ キャラドン(Caradon、CWD)社製のシングルハング・サッシの写真です。

建具(障子)枠の上にチルト・ラッチと呼ばれる脱着部品が装着されていますが、その部品が割れてしまっているのが分かります。

このチルト・ラッチは、可動する下窓(ボトム・サッシュ)を室内側に倒して、ガラスの外側を掃除したりバランサーを交換したりする時に動かします。

通常の窓の開閉には使わない部分ですから、あまり関心がないという人が多いのですが、いざ必要という時に破損していると建具を窓枠に留めておくことが出来なくなりますから、防犯上も非常に困ることとなります。

この部品は、樹脂製であることが殆どですから、長くお使い頂いていると紫外線等で徐々に劣化していることに気付かないこともしばしばです。輸入サッシは常に開閉を行って、調子をチェックすることは勿論、部品類に不具合がないかを確認することを怠らないで下さいね。

キャラドンのように既にメーカーが存在しない場合でも、こうした部品は北米のパーツ・メーカーからも調達可能です。ただ、海外からの輸入になりますから、今日オーダーすれば明日届くという感じにはなりません。ですから、早めに交換のご相談をお願いします。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。

※ この「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合がありますので、新しい記事を参照頂くか、金額をお問い合わせ下さい。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス | タグ: , , |

マーヴィンのバランサー

マーヴィン社ダブルハングのジャムライナー

こちらは、1999年に施工したマーヴィン(Marvin)社製のアルミクラッド・ダブルハングの上下建具(障子)を外して、窓枠だけにした状態です。

窓枠の両サイドには、グレー・ベージュ色をした樹脂製のジャムライナーが装着されていますが、その溝にはクラッチと糸でつながったバランス・チューブが内蔵されています。

このバランス・チューブが、北米の上げ下げ窓で一般に使われているバランサーに相当します。

クラッチと呼ばれる部品の上に建具のピボットバーを載せると、クラッチの固定が外れて建具の重量を支えるバネが利いてくる仕組みになっています(今のマーヴィンとは部品形状が異なりますが、基本的な仕組みは同じです)。

バランス・チューブが2つ見えるのは、上窓(アッパー・サッシュ)と下窓(ボトム・サッシュ)のそれぞれを持ち上げる為にあります。今回、このバランス・チューブに内蔵されたバネが弱くなって、建具が自然と下がってきてしまうという不具合が起こりました。

新築時から18年も交換せずに使ってきたということですから、バランス・チューブの寿命は既に過ぎているという感じですね。

単に下がってくるだけということで、何もせずにそのまま使うという人がいるかも知れませんが、そのことを忘れて建具から手を離してしまうと、建具が勢いよく落ちてガラスや建具が破損するなんてことになり危険です。

こういう消耗部品については、マーヴィンのような有力メーカーでは窓のサイズさえ分かれば今でも部品供給をしてくれますから、早めに交換して下さい。

ただ、こうした部品を知らなかったり、交換方法が分からなかったりする輸入住宅ビルダーやサッシ屋さんが殆どですから、修理してくれる人を探すのは大変かも知れません。だからこそ、家を新築する際の業者選びは、重要なんですよね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。

※ この「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合がありますので、新しい記事を参照頂くか、金額をお問い合わせ下さい。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス | タグ: , |

家の手入れは、本当に大切です

インシュレート掃出しサッシの不具合

こちらは、愛知県岡崎市でリフォーム中の中古の輸入住宅。

輸入資材の修理やメンテナンス方法は、皆目見当が付かないということで、リフォームしている業者さんから相談を受けました。

そこで現地で状況を確認したのですが、写真はインシュレート(Insulate)社製の掃出しサッシ(スライディング・パティオドア)。

ご覧のようにペアガラスの中が真っ黒に汚れています。また、スライドレールの下枠に砂やゴミが一杯詰まっている状態でした。随分長く放置された状態だったとも考えられますが、以前ここに住んでいた住人もあまり掃除をしていなかった感じがします。

ドアの動きが重くて開閉しづらいということでしたが、そりゃこれだけゴミが詰まっていては、滑車がレールの上をスムースに走る訳はありません。勿論、スムースに動くようにドアを調整することは可能ですが、まずはゴミやホコリを取り除いてきれいにしてあげることが先決です。

その上で調整が必要ということなら、私たちに出番が回ってきます。ペアガラス内部の曇りや結露、汚れについては、交換以外方法はありません。

ただ、不動産屋さんから依頼されたリフォーム業者さんは予算が限られているらしく、ガラスが割れている状況ではないので、家の購入者にはこのままの状態で引き渡すつもりらしいです。

でも、この家を買うお客さんは、これをどうにかしてくれるような専門家を知らないでしょうし、きっと困ってしまうでしょう。

私たちに依頼頂くメンテナンスは、非常に限られたものとなってしまうかも知れませんから、私たちの名前だけでも買い手の方にお伝え頂きたいものです。それにしても、こうやって悪くなっていく輸入住宅を見るのは、忍びないですねぇ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。

※ この「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合がありますので、新しい記事を参照頂くか、金額をお問い合わせ下さい。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス | タグ: , , , |

ここまで腐ったら、交換しかありません

腐ってしまったマーヴィンのダブルハング

こちらは、マーヴィン(Marvin)社製のアルミクラッド・ダブルハング。

外側はアルミで被覆されているのですが、アルミ・カバーのつなぎ目やガラスと接する部分の防水が切れてしまうと、中にある木に雨水が付いてしまいます。

そうした水分は乾くことなく、常に木に接している状態になりますから最後には木を腐らせてしまう訳です。でも、当初は室内側に木の腐れは表れませんから、住んでいる家族も気付かないのです。

木の腐食が進んでこのように目に見える状況になって、初めてその問題の大きさに気付かされます。手前側の下窓の建具(障子)は、白い塗装が割れてきているばかりか、持ち上げる為の取っ手が脱落しかかってきています。

写真奥の上窓の建具は、下窓との重なりの部分が、大きく劣化してしまい気密パッキンのウェザーストリップも外れかけています。ここまで来ると上下の建具を復旧することは出来ませんから、マーヴィンに新しい同じ建具を作ってもらうこととなります。

20年近い年月が経っていますが、しっかりした輸入サッシ・メーカーであれば、代替えの部材の供給は心配ありません。ただ、製造時期や窓の形式、寸法、ガラスの仕様といった詳細を細かく知らせてあげないと、メーカーは対応してくれません。

また、メーカーによってどんな情報が必要かは違いますから、私たちのようなプロがメーカーごとに情報を集約してあげることが大切です。

1990年代のアルミクラッド・木製サッシは、構造的に雨仕舞があまりよくありませんでしたし、施工する住宅メーカーも輸入窓に対する知識や経験がありませんでした。

だから、木部に塗る塗料は防水性のない内装用の塗料を使い、窓の外回りにも防水への配慮がなされませんでした。これではどんなにいいサッシを使おうとも、その寿命は短くなってしまいます。

最近のマーヴィンやアンダーセン、ペラといった輸入サッシは、防水性能で相当な改善がなされていますが、取付け時の気遣いは昔も今も全く変わりません。

もし素敵な木製サッシを家づくりで採用したいのであれば、施工時に木部への防水塗装や外装への防水処理を忘れず実施して下さいね。そうすれば、きっと長くお使い頂けるはずですから・・・。

<関連記事>: 輸入の木製サッシは、窓開けと早めのメンテナンスが大切! (2013年1月31日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。

※ この「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合がありますので、新しい記事を参照頂くか、金額をお問い合わせ下さい。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス | タグ: , , , , , |

よく見つけましたね

外壁からのサッシ雨漏れ

こちらは、マーヴィン(Marvin)社製のアルミクラッド・スライディング・パティオドア(掃出しサッシ)の外回りです。

安城市のお客様から輸入サッシの建具(障子)が腐って黒くなっているので、メンテナンスの相談に乗って欲しいというご依頼を頂きました。

そこで現地を見るべくお伺いしたのですが、窓の建具だけでなく、窓の枠からも雨漏れしている箇所があるということで、確認させて頂いたのがこの写真です。

サッシの上枠に付いている白いカバーを外すと、中に見える木部が黒ずんでいて、指で押すと柔らかい状態になっています。サッシの木枠の腐食が進んできているようですが、サッシの周囲をよく見てみると、腐った場所のほぼ真上の外壁にヘアクラックが入っています。

それは、外壁に張られたカルチャード・ブリック(レンガ・タイル)の上にも、一直線に続いていたのです。本来壁の防水というものは、一番表面にあるサイディングやタイルが雨の侵入から家を守ります。

そこが突破された場合でも、壁の中の通気層によって雨が下へと落ちていき構造体に影響を及ぼすことがないように設計・施工します。

それでも雨が中まで入り込むような(強い雨風が打ち付けるような)場合に備えて、透湿性防水シートが構造を包み込んでいますし、サッシ周りもこのシートが巻き込んであったり、周囲を防水テープ等で保護しています。

ただ、輸入住宅が流行りの時代は、新規参入した住宅メーカーや工務店が見よう見まねで施工したケースが多く、アメリカで行われているような正しい施工がなされていなかった家が殆どです。ですから、この場合は輸入サッシの問題というよりは、施工方法の問題であると考えた方がいいでしょう。

簡易に補修するのであれば、割れた部分にコーキングやモルタルを詰めたり、表面に防水塗装を塗ることも考えられますが、それだと臭いものにフタをするだけで、施工という原因を何も見直さないというに他なりません。

表面を取り繕っただけでは、またいつか割れが入ってしまった時に同じトラブルを引き起こすだけです。その時サッシは更にダメージを負うでしょうし、またお金を掛けて同様の補修を繰り返すだけとなります。

臭いものは根本から絶つという判断は、「急がば回れ」なんですね。後々の心配や補修費用を考えれば、そちらの方が得なことも多いのです。

それにしても、お客様はよくこの不具合を見付けたものです。だって、雨漏れした場所は、ガラスの入った建具(ドア)の外側ですし、枠にはカバーがされていますから、気を付けていないと見逃してしまうような処です。日頃のチェックが、ものを言ったということだと思います。

<関連記事>: レンガ・タイルは、将来メンテナンスが必要になる

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。

※ この「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合がありますので、新しい記事を参照頂くか、金額をお問い合わせ下さい。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス | タグ: , , , , , , , , |

カーテンで模様替え

カーテンで模様替え

以前日進市で建てさせて頂いた輸入住宅ですが、カーテンが古くなってきたので交換したいという相談を頂きました。

2週間前に奥様と打合せをさせて頂き、選んで頂いた生地で製作したものを、昨日取付けしてきました。

写真右に見えるギンガム・チェックの柄のものが、新築時に取り付けたカーテンです。

イギリス製の輸入生地でなかなかいいものだったのですが、素材がコットン100%だった為、紫外線で布が徐々に傷んできてしまいました。自然素材の生地は質感もよくて素敵ですが、耐久性という点では化学繊維には及びません。

そこで今回は、耐久性を考えながら、デザインや手触りもいいちょっとだけ高級なカーテンを選んで頂きました。それが写真左側の白っぽいカーテンです。

デザインはラベンダーなどの小さな花が咲いた植物柄で、日差しを美しく取り入れることが出来る透明感のあるカーテンにしました。以前のチェック柄に比べて、明るくて爽やかな印象のリビング・ダイニングになったと思いませんか?

ドライウォールなら、壁や天井を違う色の塗料で塗り替えて模様替えをする方法もありますが、こうしてカーテンを変えただけでもこれだけイメージを一新出来るのです。

カーテンは皆さんの洋服と同じです。いつまでも色褪せたものを付けていたのでは、美しいインテリアとは言えません。車を買い替えようと思われているならもう1回車検を通して、残ったお金で古くなったカーテンを交換しては如何でしょうか?きっと、素敵な暮らしが広がりますよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。

※ この「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合がありますので、新しい記事を参照頂くか、金額をお問い合わせ下さい。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: リフォーム・リノベーション | タグ: , , |

コーラー社製エプロンフロントシンク

コーラーのエプロンフロントシンク

昨日に引き続き、名古屋市八事にオープンしたコーラー(Kohler)のショールームのお話を書かせて頂きます。

今日ご紹介するのは、エプロンフロントシンク。

ホーロー製のシンクですが、このようにシンクが前方までせり出してきています。

こうしたデザインのシンクは、クラシカルな方向にもっていくのが普通ですが、モダンな男のキッチンといった感じで飾られていました。

鶴首のワンレバー・タイプのシャワー水栓も太くてガッチリとしたデザインになっていて、しっかり感がありますね。最近のコーラーの水栓金具は、キッチンに限らず洗面用も大きめのものが主流になってきています。

繊細でエレガントなものというより、輸入水栓としての存在感や使い勝手を意識したコンセプトなのかも知れませんね。さて、皆さんはこうした輸入キッチンのデザインをご覧になってどう思われますでしょうか。

国産キッチンでは味わうことが難しいオリジナリティや存在感をご自宅にデザインしたいという方は、参考にして下さい。本物を見たいという方は、ショールームにお連れしますよ。

<関連記事>: エプロンフロントシンク (2015年6月16日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。

※ この「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合がありますので、新しい記事を参照頂くか、金額をお問い合わせ下さい。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: 資材・商品 | タグ: , , , |