お知らせ

ガラスが割れたハード社ハメ殺しサッシ

ガラスが割れたハード社ハメ殺しサッシ

こちらの写真は、ハード(Hurd)社のハメ殺し(ピクチャーユニット)サッシですが、ガラスの中央部から上下に放射線状に割れが入っています。

奈良県にあるお宅のようですが、外壁塗装の工事の最中に何かをガラスに当ててしまって割れたものだと思います。

こういう場合、ハードではガラスだけの交換は出来ませんから、建具ごと交換することとなります。

既存のサッシ寸法から、こちらのサッシの詳細は特定出来ると思いますので、メーカーに依頼して新しい建具を作ってもらうことは可能だと思います。

ただ、製作には注文から数ヶ月掛かってしまいますし、その間塗装用の足場をそのままにもしておけないでしょうから、建具を交換する際に再度足場を立ててもらわなければなりません。

また、この窓は吹き抜けの高い場所に設置されている為、内部足場も立てる必要があります。まあ、それでも交換が可能という状況であれば、不幸中の幸いだとは思いますが、出費としては大変かも知れません。

工事の際の破損ですから、塗装屋さんの保険で何とかなるでしょうが、奈良まで伺って防水を含めた施工を行わなければなりませんから、私たちとしては結構大変な仕事です。

それでもこんな仕事は、近くの工務店やサッシ屋さんではやってくれないでしょうから、頑張るしかないですね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス | タグ: |

こんなことって、普通ではあり得ない

ヴァイスロイ社ダブル・ケースメントサッシの左右オペレーター

こちらの写真は、ヴァイスロイ(Viceroy)社のダブル・ケースメント(2連の左右開き)に装着されていたオペレーター(開閉金物)を拡大した様子です。

普通隣り合っているケースメントサッシであれば、開き勝手の違いこそあれ、同じ仕様のオペレーターが装着されているはずです。

でも、先日外装のリフォーム工事をさせて頂いたお客様の窓では、ご覧のようにアームの大きさや形状が微妙に違うものが付いていました。

何故これが分かったかというと、サッシの片方が閉め切る直前で固くなって止まってしまい、ハンドルをそれ以上回せない状態になっていたからでした。

当初、私は建具や窓枠が歪んだりして、窓枠内にうまく建具が入り込まない状況になっている為、そこで引っ掛かってサッシを閉められないのだろうと考えました。

ところが、お客様曰く窓枠に建具は全く当たっていないとのメールがあり、そこでオペレーターのアームを建具から外してどこまでオペレーターが可動するかなどをチェックしてもらいました。

そうしたら、お客様からご覧のように微妙にアームの形状が違うものが装着されていたという写真を頂きました。新築からこの状態で使い続けていたということにも驚きましたが、出荷前検査もしないでこれでよくメーカーは出してきたものだとビックリしました。

取り敢えず、お客様はオペレーターの取付けビスを左右で違うものを使うなどして、建具の引き込み具合を調整して頂き、閉まるようになったそうです。最悪オペレーターの交換も考えましたが、それはこのオペレーターが将来破損した際にでも行うこととしました。

こんな変なこともあるんですね。でも、気付いてよかったです。因みに、このサッシのメーカーはありませんから、部品メーカーからの調達となります。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス | タグ: , |

Therma-Truの玄関ドア補修

木目塗装が剥げたサーマツルー製ファイバグラス玄関ドア

こちらの写真は、東京にある輸入住宅に取り付けられたサーマツルー(Therma-Tru)社製玄関ドア。

木製ドアのように見えますが、木目が浮き出るように作られた輸入のファイバーグラス製ドアなんです。

ファイバーグラスを樹脂で固めて作った上に、専用塗料を塗ることで木目を再現しているのですが、塗装が剥がれていなければ一般の方なら木製ドアと勘違いしてしまうでしょう。

そんなファイバーグラス製のドアですが、ステンドグラス周囲のモールの塗装が剥げて、所々下地の白い樹脂が見えてきています。こうなってくると、下地の樹脂が太陽の紫外線に曝されて劣化してしまいますから、早めに塗り直しをする必要があります。

もっと近くで見ないとはっきりしませんが、モール部分はベタ塗りの塗料を使っているようにも見えますから、そういう場合は木目の専用塗料を塗る前にベタ塗りした塗装を除去しないと、うまく塗装が載りません。

何れにしても、塗装をする前に状況をチェックした上で、正しい塗装計画を立てることが大切です。くれぐれもぶっつけ本番でいい加減に事を進めるのだけは、避けて頂きたいと思います。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス | タグ: , , , , |

珍しいタイプのロックケース

ダブルラッチのロック金物

こちらの写真は、どこのものか分からない輸入サッシに付いている掃出しサッシ用のロックケース(ロックセット)。

鍵爪が2個飛び出すダブルラッチ・タイプのロックケースは、ミルガード(Milgard)のスライディング・パティオドアでも見受けられるのですが、それとはデザインが違っているようです。

ダブルラッチは、2ヶ所でガッチリロックを掛けてしまいますから、防犯性は非常に高いのですが、破損などして鍵が開かなくなると逆に解除するのが厄介になります。

輸入サッシの中でもこのロックケースを使用しているメーカーは、あまりないかも知れませんが、こうした珍しい部品の調達の可能性を探るのも私たち ホームメイドの役目です。

幸いにも適合する新しいロックケースを見付けることが出来ましたので、お客様にも適合するドアハンドルと一緒にその旨案内をさせて頂きました。

それにしても、輸入サッシには多様な種類の部材が使われていますねぇ。でも、古いサッシの部品が北米で今でも手に入るなんて、日本では考えられませんし、本当に素敵なことだと思います。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス | タグ: , , |

何でこうなる?

Insulate?掃出しサッシのハンドル破損

お客様からインシュレート(Insulate)製と思われる掃出しサッシ(スライディング・パティオドア)のハンドルが破損したという相談がありました。

金属が引き千切られたような感じで、台座とハンドルとが別々になっています。また、取付けビスの辺りにもクラックが見受けられます。

以前にも記事に書きましたが、しっかりハンドルが固定された状態なら、そう簡単に破損することはありません。

このようになる為には、取付けビスが長年の使用で緩んできていて、そのまま使い続けたことや、思いっきり閉めないとドアに鍵が掛けられないといったことが原因かも知れません。

取付けビスであれば、プラスドライバーで締め直してやればいいですし、ロックの問題であれば、ロック・ラッチやストライクの調整で対処出来ると思います。

金物の調整については、専門家のアドバイスが必要かも知れませんが、ビスは誰でも回せるはずですから、その点はDIYで対処出来ます。

家のことは専門家に依頼すべきという場合も多いですが、簡単なメンテであれば、自分たちでもやってみるという姿勢を忘れないで頂きたい。勿論、一番いけないのは、壊れるまで相談も手入れもしないことです。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス | タグ: , , , |

ローウェン社ケースメントサッシ用ロックの不具合

ローウェン社ケースメントサッシ用ロックの不具合

こちらの写真は、ローウェン(Loewen)社ケースメントサッシに取り付けられたロック用金物。

レバーを下げるとロックが掛かるのですが、内蔵されたフック部品が割れてしまったのか、鍵が掛からない状態のようです。

サッシの建具が十分に引き込めない状態では、受け金物にフックがしっかり掛からないのですが、ロックレバーを無理に下げようとした為に樹脂で出来たフックが壊れてしまうということがよくあります。

現在製造されているものは、フックや受け金物の形状を改善して負荷が掛かりにくいようになっているようですが、建具自体の建て起こしを調整しないと将来同じトラブルが起きかねません。

ローウェンのサッシに限らず、輸入サッシの開閉やロックの掛かりはあまり力を入れなくても出来るようでなければいけません。そうでなければ、不具合部品以外に必ずその原因があるはずですから、注意深く状況を把握する必要があります。

短絡的にこの部品が悪くなったから、それを交換すれば直ると考えるのは、素人の考えです。ちゃんと修理したいのであれば、根本的な問題がどこにあるかをしっかりと追究してこそ、不具合なく長く使えるサッシとなります。

ただ、建物構造の歪みがサッシに影響している場合などは、改善は出来ても完璧な解決は難しいかも知れませんので、如何にベターな状態に調整するかが大切です。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス | タグ: , , |

エイジング塗装もなかなかです

Kolbe & Kolbe のサッシ建具修理

先日より、コルビーアンドコルビー(Kolbe & Kolbe、K & K)社のケースメントサッシ建具の修理についていくつか記事を書かせて頂いておりますが、ようやく取付け前までの作業が完了しました。

木が腐った部分をカットして、新しい木で建具枠を加工・取付けしたという部分までお知らせしましたが、未塗装だった木部を塗装した様子がこちらです。

日焼けして濃い色になった茶色の木枠に合わせて、新しい部分をエイジングさせた上で、パラペイントの木部防水塗料 ティンバーケアで塗装を行いました。

つないだラインは、どうしても消すことは出来ませんし、新しい木であるが故に油分が多いところは塗料が十分には載りませんが、それでも何度か塗り重ねることによってここまでの色合いに持っていきました。

また、現場での作業と違い会社での作業は、雨が入りやすそうな箇所を含めて全てをチェック出来ますから、今後雨漏れを起すリスクは極端に少なくなるように施工出来たと思います。

古い輸入サッシの修復には、時間も労力も掛かりますから、それなりの費用が必要です。でも、やっつけ仕事で安くやっても、それなりの効果や満足感し生じないと思います。

やるからには、自分たちが合格点を与えられるくらいの仕事でなければやるつもりはありません。安易に国産のアルミサッシに交換しましょうと提案する業者さんもいるようですが、美しいデザインを壊してまでコストや手間を惜しむことは私たちはお勧めしません。

<関連記事>: さあ、これから防水塗装です (2020年1月13日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス | タグ: , , , , |

ドアが下がり切らず、戻ってしまうガレージ・オープナー

ドアが下がり切らず戻ってしまうリフトマスター

こちらの写真は、リフトマスター(LiftMaster)社製のガレージ開閉用電動モーター(オープナー)です。

お客様曰く、ガレージドアを閉めようとすると途中で止まってしまい、そこから逆に上がる方向に動いてしまうとのこと。

また、お客様側の電気屋さんが、オープナーに内蔵された電子基板が問題でこれを交換すれば直るという判断をされたようです。

確かにそういうこともあるかも知れませんが、途中でドアが止まってしまうという時は、重いガレージドアの左右バランスが崩れていたり、レールのどこかで可動用ローラー等が引っ掛かっていたりするケースが多くあります。

そうなると、ドアを動かすモーターに無理な力が掛かることとなり、それを感知したモーターが逆回転してトラブルを回避する方向に動くように作られているのです。

ですから、基板の調達や交換を行う前に、ドア全体のチェックや調整を行う必要があるのですが、場所的に遠い為それを確認するには費用が掛かってしまいます。

また、基板部品以外に内蔵されたプラスチック製のギアが削れて消耗している場合もありますから、本体の細かなチェックも必要です。

何れにしても、私共の意見をお客様にもお伝えして、それでも基板を調達したいというご希望であれば、私共がそれ以上口を挟む余地はありません。

但し、基板を輸入しても、私共の方で作動チェックは出来ませんから、製品保証等は出来ないことをご理解頂いた上でご依頼下さい。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス | タグ: , , , |

メンテナンスで直るでしょうか?

ガスが消えてしまうロジェール製レンジ

こちらの写真は、ガスが消えてしまうロジェール製レンジのゴトクを外した様子です。

バーナー部分が随分汚れているようですが、長年お使いということであれば、ある程度は仕方ないですね。

お客様曰く、点火スイッチを回すとカチカチ言って火花も散るようですが、火が付いても暫くすると消えてしまうとのこと。ですから、点火プラグの問題ではなさそうですので、プラグの交換は必要ないと思います。

現在、修理用の交換部品は、国内には全くないという状況のようですから、プラグを含めて部品交換が必要な修理・メンテナンスはほぼ不可能です。

今回のケースは、頂いた内容からするとコンロ周りの掃除等で何とかなるような気もしますが、実際にやってみないと分かりません。お客様には、ダメ元になるかも知れないということで予めご諒解を頂いた上で、来週にでも調整にお伺いさせて頂きます。

ロジェールのレンジやオーブンについては、毎週のようにお問い合わせを頂きますが、上記の状況故にメンテナンス出来るかどうかは半分運次第といった感じです。

それでもロジェールを使い続けたいというファンの気持ちも分かりますから、状況によって何とかなりそうという場合は、微力ですがお手伝いさせて頂こうと思います。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス | タグ: , , |

さあ、これから防水塗装です

交換した部分のサッシ木枠

こちらの写真は、先日ガラス等の外装部分を防水処理したと記事に書かせて頂いたコルビーアンドコルビー(Kolbe & Kolbe、K & K)社のケースメントサッシの建具室内側です。

白木の部分が、今回建具屋さんにお願いして加工・修理をして頂いた処ですが、なかなか美しく仕上がっていますでしょ。

勿論、欲を言えばキリがないのですが、コストとある程度の見栄え、今後大きなメンテナンスが必要ないようにということを考えて、このような形になりました。(本来ならメーカーにお願いして新しい建具を製作してもらうのが一番ですが、それが難しい場合は木枠を加工します)

コルビー&コルビーもそうなんですが、輸入のアルミクラッド・サッシには雨仕舞があまりよくないタイプのものが少なからず存在します。

輸入住宅は、断熱性や気密性がいい為、あまり窓を開けないという人がいますが、久しぶりに窓を開けたら建具の木枠が黒くなっていたり、木が腐ってきていたりなどということが突然起こります。

ずっと、閉め切った状態だと、建具の木枠はほんの少ししか見えませんし、入った雨水が外へ抜けるのを妨げてしまうかも知れません。そうしたことを防ぐ為には、晴れた日には窓を開けることや、10年に一度は窓ガラス等の周囲を防水処理することです。

今回修理した建具は、これから色合わせをしながら、ティンバーケアで木部を防水塗装していきますが、どのように仕上がるか乞うご期待。

<関連記事>: 冬の間に窓修理 (2019年11月27日)
<関連記事>: 防水処理したケースメントサッシの建具 (2020年1月11日)
<関連記事>: エイジング塗装もなかなかです (2020年1月16日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス | タグ: , , , , , |