突然割れたとのことです

突然割れたとのことです

静岡のお客様からダブルハングサッシ(上下共に開閉する上げ下げ窓)のペアガラスが割れたので、修理したいというご相談を頂きました。

サッシは、ハード(Hurd)製のアルミクラッドサッシ。

何故か突然屋外側のガラスだけが割れてしまったとのことで、飛散を防止する為に外からガラスにフィルムを張っている状況です。(尚、割れのトラブルは、火災保険で費用を求償出来る可能性があります)

こういう場合、通常であればガラスが割れた上窓だけを交換すればいいのですが、ハード(現シエラパシフィック)は古い規格のダブルハングの交換部材について生産を中止しています。

そうしたらどうすればいいのかということになりますが、ハードは救済措置をちゃんと考えています。古い窓枠はそのまま使って、そこに入るように新しい規格の建具をサイズ調整して作ってくれるというものです。

ただ、新しい建具ですから、古い窓枠と接する部分(窓の両サイド)にピッタリのジャムライナー(側枠)を装着してやらなければなりません。

ということは、上窓が新しい規格になりますので、下窓も新しいタイプにしないと整合性が取れませんから、上下共建具を交換する必要があります。

結構いろいろ入れ替えをしなければならず、費用も馬鹿になりませんが、見ため的にもちゃんと元通りに納まりますから、喜んで頂けると思います。

それから、現在は木製格子が付いていますが、新しい建具は格子なしか、ペアガラス内に内蔵された白い格子付きかのどちらかしか選択出来ません。

新しい建具の木枠を加工して、既存の木製格子を付けられるようにするというウルトラCがやれるという情報もありますが、それは現場を見て判断するしか方法はなさそうです。

まあ、それでもちゃんと直せるということが第一ですから、飾り格子については出来ればベースで考えましょうね。

あと、交換する建具もそうですが、雨による曇りや内部結露を防止する為にペアガラスの周囲の防水処理を全てのサッシで行っておくと安心です。木部の防水塗装を含めて、定期的に輸入の窓やドアのメンテナンスを行っておきたいものです。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。