不具合はレバーハンドルの問題じゃない?

不具合はレバーハンドルの問題じゃない?

山梨のお客様から両開きのテラスドアのハンドルが下がってきているので、直したいというご相談を頂きました。

サッシは、カナダ ローウェン(Loewen)社製のダブル・フレンチドア。

両手でドアを開いていくという仕草は、輸入住宅好きの方にとっては憧れかも知れません。

こちらのドアは、新築から20年以上経過したものですので、そろそろメンテナンスをするタイミングだと思います。

こういう場合、レバーハンドルを交換すれば直るように考えますが、以前メンテナンスをした経験からすると、レバーハンドルの問題ではなく、ハンドルが接続しているロックケース(ロック金物)に不具合があるように思います。

随分前に修理をしたという経験ですから、もしかしたら間違っているかも知れませんが、レバーハンドル自体には正位置に戻る為のバネは付属しておらず、ロックケースに内蔵されたバネの力で開閉を操作するというものではなかったかと思います。

レバーハンドル自体には、ロックケースの穴に入る太めの心棒が付いていて、ハンドル自体はシンプルで頑丈に出来ていますから、そう簡単には壊れるものではないように思います。

一度メーカーにも確認しますが、ローウェンの場合、ロックケースも結構な金額がしたように思いますから、費用はある程度みておいて頂けると助かります。(マルチロックになっていて、防犯性が非常に高い分構造も複雑で価格が高かった印象です)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。