ヴァイスロイの窓ヒンジは、固いんです

ヴァイスロイの窓ヒンジは、固いんです

豊田市のお客様からケースメントサッシ(横に開いていく窓)のウィンドウヒンジを交換したいというご相談を頂きました。

サッシは、ヴァイスロイ(Viceroy)製の樹脂サッシ。

随分長く掃除をして頂いていないのか、ホコリや汚れが目立ちます。

写真のウィンドウヒンジが問題のものなんですが、全てステンレスで出来ているようですから、耐久性がありそうです。但し、窓枠を左右にスライドする部分の黒い部品は、樹脂で出来ているようで劣化して割れてきている状態です。

(元々、ヴァイスロイのヒンジは動きが渋いのですが、ホコリなどで更に動きが悪くなってきますから、この部分にも変な力が掛かったのかも知れません)

ここが劣化してくると、窓に固定してあるレールからこの部分が外れてしまい、窓を閉めようとしても建具が外に飛び出しますから、ちゃんと閉まらなくなってしまうと思います。

そうなってしまうと、窓を調整などして直すということは難しく、ウィンドウヒンジそのものを交換する以外に方法はありません。ただ、ヴァイスロイという会社は既に存在しませんし、窓部品も特殊なものを使っていることが多い為、全く同じものが手に入らないかも知れません。

取り敢えず、サイズや形状が一番近そうなものを探しましたので、お客様のご了承を頂いて、交換・調整をしてみようと思います。こういうケースが一番大変で面倒臭いことですが、そういうことをやってみるのが輸入住宅のプロなのかも知れません。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。