トリプルガラスの輸入樹脂(PVC)サッシ

トリプルガラスの輸入樹脂(PVC)サッシ

今回、豊川市で施工する輸入住宅 N邸では、ペアガラスよりも高性能なトリプルガラスの樹脂サッシを採用します。アルミや木製と比べて樹脂のフレームは、熱が伝わりにくく結露もしないという特性があります。

また、一番外側のガラスには外からの日差しや紫外線を跳ね返す遮熱効果の高い遮熱タイプのSouthern Low-E2を、一番内側のガラスには室内の熱を逃がさない断熱タイプのNorthern Low-E2をコーティングしたダブルLow-E2トリプルガラスを使用。断熱・遮熱の両方のLow-E2をコーティングした次世代型の3重ガラスサッシは、内外のガラス両面で違う機能を発揮します。

(尚、ペアガラスは、両面にLow-E2を施すことは出来ません。間に1枚ガラスが挟まることで、ダブルLow-E2を実現出来るのです)

そして、トリプルガラスの間の2つの気密層には、断熱効果を高めるアルゴンガスを封入しています。住宅における窓からの熱損失は58%と言われますから、ガラスの性能アップは絶大な効果を発揮します。

その性能を熱貫流率(U値)で表すことが出来ますが、何と最高で「1.07w/m2・k」(ダブルハング・ピクチャー窓)。熱貫流率は、数値が低ければ低いほど断熱性能が高いのですが、国産の一般的なペアガラスサッシで「3.01w/m2・k」程度がせいぜいですから、その性能が圧倒的なのが分かりますね。

・熱損失の比率は、換気によるものが15%、窓などの開口部からが58%、屋根・壁・床からが27%
・冬の暖房時の熱が開口部から流出する割合:58%
・夏の冷房時(昼)に熱が開口部から流入する割合:73%
 出典:(財)建築環境・省エネルギー機構、(社)日本建材・住宅設備産業協会

また、気密性の高い輸入サッシは、車の騒音が気にならないばかりか、テレビやピアノの音も外に漏れず、ご近所への遠慮も要りません。また、私たちが施工するセルロースの断熱材は、音を吸収する性質があるので、壁の防音効果も抜群です。

このように、現在考えられる最高の断熱性能を今後も皆さんに提供していきますが、北米製の輸入サッシは国内の防火認定がありません。その為、防火地域の建物で延焼の恐れがある部分には使えませんから、その点だけご注意下さいませ。

こうした私たちの考えや建築に共感され、施工を希望される方は、ご相談下さい。

<関連記事>: 断熱性能が高い同じ樹脂サッシでも、これだけ違う!
<関連記事>: これからのサッシは、ダブル断熱・トリプルガラスが主流か?

※ この「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: 健康・安全   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。