動きが固いまま使わないで!

動きが固いまま使わないで!

動きが固いマルチポイントロック

防犯性が高い輸入ケースメント・サッシには、マルチポイント・ロックと呼ばれる金物が使われています。

1ヶ所のレバー操作で、2~4ヶ所のロックポイントで鍵が掛かるというスグレモノです。

こちらの写真が、そのマルチポイント・ロックのレバー付近ですが、金属製の長いロックバーの各所にロックポイントがあります。

そのバーを支え、固定しているのが、プラスチック製のガイドプレート。これがカバーすることで、ロックバーが垂直方向にのみ上下することが出来、ぶれることがありません。

ただ、時間が経って樹脂が劣化してくると、プレートが割れてバーが左右に動く状態となることがあります。そうなると、鍵を掛けようとする力が左右にも分散して、バーの上下運動が固くなってきます。

それをそのまま放置すれば、ロックレバーにも無理な力が掛かってしまい、そのうち鋳物で出来たレバーが破損して、ロック自体が出来なくなります。

そうならない為に、ガイドプレートを新しいものに交換したり、バーの歪みを調整したり、潤滑剤を塗布して少しでも動きをスムースにするなどのメンテナンスが必要です。

でも、殆どのお客様は、無理にでも鍵を掛けようとしたり、長くそのままの状態で使い続けたりしますから、思わぬタイミングで金物が破損して突然セキュリティの心配に発展するのです。

いいものでも操作方法を間違えたり、手入れを怠ったりすれば、その代償は自身へと降り掛かってきますから、ご注意下さい。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。