玄関ドアは、下が悪くなりますね

玄関ドアは、下が悪くなりますね

30年経ったヤマハ製玄関ドア

こちらの写真は、新築から30年経ったヤマハの木製玄関ドア。

ウレタン塗装されて比較的きれいな感じに見えますが、雨風が当たるドアの下端付近は、どうしても塗装が剥げて劣化してきます。

また、デザイン的に縦方向よりも横方向に走っている溝は、雨水が溜まりやすく、つなぎ目からは木の奥の方にまで水が入り込んでしまいます。

そうなってくると、当然変色や木の腐りといった症状が出てきますから、そうなる前に塗り直し等の対処がしたいというのは人情ですね。ドアの上の方はまだまだきれいな状態を保っていますから、私もこのコンディションを維持して長く家で暮らして頂きたいと思います。

昨年、豊田市でも同じヤマハの玄関ドアを塗り直ししましたから、このドアの塗装や下地の具合についてはよく分かっています。ペンキ屋さんと相談しながら、美しさを蘇らせるように頑張りますよ。やっぱり、いいものは長持ちさせたいですから・・・。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。