外してみると、よく分かります

外してみると、よく分かります

ウェンコ社ダブルハングサッシの修理

昨日・一昨日と横浜の輸入住宅でサミット(Summit)のサッシのメンテナンス及び調査に行っておりましたので、記事の投稿をサボっておりましたが、本日また再開致します。

こちらの写真は、ウェンコ(Wenco)社ダブルハング・サッシの建具(障子)が雨漏れで劣化した為、他社製建具に交換する際の調査のひとコマ。

建具を窓枠から外すと共に、窓枠の両サイドにあった樹脂製のジャムライナーを一旦撤去した状態です。こうすることで、木で出来た窓枠本体が露出しますから、その寸法を測定することで、そこに入る新しい建具やジャムライナーの寸法が決まるのです。

この状態の時に正確にサイズを計測しないと、せっかくオーダーメイドした建具類が窓枠に装着出来ないということになりますから、念には念を入れて何度もチェックします。

既存の木枠のコーナーには、雨で出来た染みが見受けられます。また、その部分は数日前に降った雨のせいか乾いておらず、雨が侵入していることも確認出来ました。

本来ここのコーナー部分には、薄いウレタンで出来た防水部材が装着されていなければならないのですが、劣化した為か既に存在していませんでした。それに取って代わるように、細かな砂やホコリがジャムの中に入り込んで、更に水が溜まってしまう環境を作っていました。

折角全部外して採寸調査を行うのですから、そうしたものを掃除して更にこの状態で少し放置して木を乾かすようにしました。

よくジャムライナーの下端であるコーナー部分に防水コーキングを塗っているおうちがあるのですが、そうしてしまうと上からジャムライナーの中に雨が入り込んでしまうと、下に落ちてきた雨が外へ出られなくなって中で木を腐らせることになります。

私たちが装着する防水ガスケットは、下端から侵入する雨をシャットアウトすると共に、上からの雨は外へと抜けるようにしますから、将来木が腐るリスクは少なくなります。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。