羽アリは、これくらい大量に出てきます

羽アリは、これくらい大量に出てきます

床に散乱した羽アリ

九州のお客様から、シロアリの相談を頂きました。

20年近く前に新築した家だそうですが、何年か前にシロアリ予防の為に薬剤を施工したそうです。

ところが、今年ご覧のように床一面に散乱するくらい羽アリが大量発生してしまったらしいのです。

シロアリ業者とはこの件で揉めているそうで、私に意見を聞きたいということで連絡を頂いたという訳です。

今回、私は写真をメールでお送り頂いただけで、実際の現場を見た訳ではありませんから、写真やお客様の話から判断するしかありません。

シロアリ業者曰く、保証の対象は建物の床又は床下からの侵入であり、今回はサッシの水抜き穴やコーキング処理された窓枠のコーナー部分が侵入箇所と考えられるので、外壁や窓からの侵入は保証対象外と言っているそうです。

ただ、基礎はベタ基礎ということですから、構造的に床下からの侵入はあり得ません。そんな状況で床下だけを保証するというのは、変な話ではあります。それから、サッシの水抜き穴は通常のサッシの構造であれば、侵入路にはなり得ません。

お客様の家には木が腐ったウッドデッキが隣接していたようですから、そこを伝ってシロアリが蟻道を作り、カルチャード・ストーンの割れ目や目地のクラックから壁の中に侵入したか、外壁の下端に付けられた鈑金水切りの隙間から侵入したのではないかとも推測されます。

そういった箇所からシロアリが侵入すれば、外壁の内部に巣を広げたり、床下へも蟻道を延ばす恐れもあります。ただ、家の中央部あたりの床下にシロアリの形跡があったというお客様の話もありますから、それがどのようにして侵入したものかを検証する必要がありますね。

写真の羽アリは、窓の周囲に回された飾り枠の木製ケーシングに明けられた小さな穴から飛び出してきたようです。

こういう場合、壁の中の状況把握や修理が必要でしょうから、外壁のカルチャード・ストーンやウッドデッキを一旦撤去して、構造を復旧すると共に下地にコンクリート製サイディングを張るなどして、シロアリの侵入に対処すべきと思います。

それにしても、外壁からのシロアリの侵入は保証しないというのは、お金を掛けて予防する意味が全くないと思いますが、そういうものなんでしょうかねぇ?皆さん、そういうことを知ってましたか?

<関連記事>: 外壁(外装)材の直貼りは、リスクが高い (1) (2013年8月31日)
<関連記事>: 薬剤でのシロアリ予防はあり得ない。最高の予防は目視! (2013年1月4日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。

※ この「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容が更新されている場合がありますので、出来るだけ新しい記事を参照下さい。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: 健康・安全   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。