網戸の固定ピン、劣化していませんか?

網戸の固定ピン、劣化していませんか?

多くの輸入サッシの網戸は、こうしたピンなどを使って窓に固定されています。

でも、ご覧の通り、つまみの部分が、プラスチックで作られているので、風雨に曝され10年程度でピンの頭(キャップ)が割れてしまったりして使えなくなってしまいます。(長いシャフトの部分は、太陽に曝されないのでプラスチックでも大丈夫なのですが・・・) そんな時、こうした交換用部品があると便利なんですが、なかなかそこまで気が回らないのが一般の輸入住宅ビルダーだと思います。

こちらの部品は、マーヴィン(マービン)社のスクリーン・ピンのセットですが、いざという時の為に在庫があると助かりますよね。まあ、いくらホームメイドがマニアックと言えども全てのパーツを揃えておくのは無理ですから、いつでも部品を調達出来るルートを確保しておくことをいつも考えていますが、こうしたメンテナンス用部品は出来るだけ在庫をするようにしています。

国産の窓だったら、きっと10年もすると規格が変わって部品の供給自体がなくなってしまいますが、輸入サッシ・メーカーは長く部品を使い続けるか、もしくは長く部品の在庫を持つかしてくれるので、親切と言えば親切ですね。

と言いながら、過信は禁物。劣化の恐れのあるこうした部品は、お客さん自身でも予備を持っておくことをお勧めします。また、輸入サッシの網戸のスクリーン(網)もホームメイドは在庫していますよ。こちらはグラスファイバーの糸で出来ていますから、国産サッシの樹脂の網より丈夫で長持ちです。

Marvin Windows 網戸固定用部品(スクリーン・ピン、140円、税別・送料別)やスクリーン(1巻25m、23,000円、税別・送料別)をご希望の方は、お問い合わせより詳細をご連絡下さい。

尚、このスクリーン・ピンや網は、ハード(Hurd)などの輸入サッシ・メーカーのものとも同じですから、マーヴィン以外でもお使い頂けます。また、窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。

そして、ご希望があれば、アルミ・シャフトのスクリーンピンもありますが、黒いプラスチック製のキャップを金属シャフトに差し込むのに、固くて少し苦労されるかも知れません。そういう点でも、プラスチックのシャフトは価格も安く作業も簡単でいいですね。

<関連記事>: 網戸用固定ピンの相談が増えています

※ この「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。尚、記載の価格は、投稿時点のものですので変動する場合もございます。その点、ご注意下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。