輸入サッシ、網戸の網の交換は10~15年

輸入サッシ、網戸の網の交換は10~15年

常に雨風に曝されて、辛い中でも一生懸命頑張っているのが、サッシの網戸。でも、人間の作るものですから、おおよそ10年程度で劣化してくるのは必然です。そこで、網の交換が必要となる訳ですが、輸入サッシの場合、近くのホームセンターで売っている普通の網でいいかと言えば、そうではありません。

国産サッシの場合、使われている網の多くは、樹脂(プラスチック)。ですから、劣化速度も早く、タバコやライターの火ですぐに穴が明いてしまいます。でも、輸入サッシの網は、グラスファイバーの繊維を糸にして編み込んでいますから、火であぶっても破れないという特徴があります。

つまり、耐久性は元より、穴が明けにくい分、多少なりとも防犯効果も期待出来るような気がします。(絶対的な防犯対策となる訳ではありません)

でも、こうした輸入サッシのスクリーン・メッシュ(網)の購入をどこでしたらいいのか、分からない方も多いでしょう。そんな時は、私たち ホームメイドにご相談下さい。常時、MARVIN(マーヴィン)社のものを用意していますから、他の輸入サッシ・メーカーの網戸にもお使い頂けます。

幅1.2m、長さ25mが1巻です。これだけあれば、おおよそ1軒分の網の交換は可能でしょう。1巻で37,500円(税別・送料別)ですが、メートル単位で切り分けて販売することも可能です。

その他に、スクリーンを固定する為のゴムのビード(網押さえ)やローラー、網戸をサッシに取り付ける為の固定部品、輸入サッシ用スクリーン・ピン(154円、税別・送料別)等もありますので、欲しいという方はお問い合わせ下さい。

尚、窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。

<関連記事>: 網戸を張り替えると、こんなにきれい (2016年10月2日)
<関連記事>: 輸入サッシのスクリーン、張り替え中 (2017年3月14日)

※ この「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合がありますので、新しい記事を参照頂くか、金額をお問い合わせ下さい。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。