下枠だけ作り直しです

下枠だけ作り直しです

現在サッシの修理及びメンテナンスを行っている岐阜県の輸入住宅ですが、1枚目のケースメント建具は無事にペアガラスの交換及びガラスの防水処理や木部防水塗装を完了しました。

今回両開きケースメントのもう一方の建具を分解し始めているのですが、ご覧の通り建具の下枠のみが黒く腐ってきておりました。

輸入サッシは、木製アルミクラッドのサミット(Summit)社製。

室内側の木枠の表面は多少黒っぽいだけでしたので、こげ茶の塗料をお客様が塗り増しした為くらいに思っていたのですが、屋外側のアルミのカバーを外してみた処、中がひどく腐っておりました。(これは、外から見ただけでは分かりません)

原形は留めていますから、パテ等を使って修復することは可能かも知れませんが、ボロボロになった木の中に巣くっている腐朽菌の活動を止めることは出来ません。

つまり、見た目の修理は出来たとしても、すぐに中から腐れが進行しそのうち交換しなければならない状態になることは明らかです。

ですから、今回はお客様とも相談して、下枠の木だけを新しく作り直してそこにアルミカバーを装着して元通りに修復しようということになりました。勿論ペアガラスは曇っていますから、新しいものに交換して防水処理を行うこととなります。

知らぬ顔をして適当に直してしまうなんてことも出来たと思いますが、それでは私たちがプロとして施工をする意味はありません。ちゃんと直すなら、ちゃんとした材料と適切な施工をすることが大切です。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。