メンテナンスは結構大変ですよ

メンテナンスは結構大変ですよ

横浜のお客様から輸入住宅の大幅なメンテナンスをしたいというご相談を頂きました。

サッシは、ハード(Hurd)製のアルミクラッドサッシです。

おうちに施工されたサッシのうち、半分くらいに何らかの不具合があるような感じです。

写真は、不具合の1つですが、ベイウィンドウ(台形出窓)の中央にあるハメ殺しの窓のペアガラスが曇っています。ハードの場合、こういう不具合についてはガラスだけの交換は出来ませんから、建具ごと交換することが必要です。

ただ、ハードの窓については、既存の木製格子が装着出来ず、もしかしたら違う形での格子を入れるか、格子なしの建具に交換するかといった選択肢になるかも知れません。

その他の場所のサッシについても、ペアガラスの内部結露や建具の木枠の腐りといった不具合が発生しているようですから、多くの窓で雨漏りが進んでいるものと思われます。

ですから、雨漏れしていなさそうなサッシについても、ガラス防水の施工を今のうちにしておくことが大切です。

サッシそのもの以外でも、網戸の破損や玄関ドアのドアノブの不具合などがある状況ですので、費用だけでなく修理に掛かる時間もある程度みておく必要があるかも知れません。

何れにしても、一度現地調査を実施して具体的に製品の確認をする必要がありますが、ここまでになってしまったのは、やはり建築した住宅メーカーがお客様をサポートしてこなかったことが原因だと思います。

そういう意味でも、金額だけで業者に新築を依頼するのは、非常に危険なことではないでしょうか。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。