ロックが掛かったままでなければいいのですが・・・

ロックが掛かったままでなければいいのですが・・・

こちらは、サーティンティード(CertainTeed)製ケースメントサッシのロック金物。

マルチポイント・ロックと呼ばれるシステムで、1ヶ所のロックレバーを操作すると2~3ヶ所のポイントで鍵が掛かるというスグレモノ。

ただ、写真のようにロックレバーが金物本体から外れて、ロックが出来ないようになっています。

ロックが出来ないと防犯上は問題なんですが、ちゃんと閉めればオペレーターが邪魔をして開けることは出来ません。そういう場合は、少々気にはなるものの暮らして頂く分には何とかなると思います。

ただ、ロックが掛かった状態でこのロック金物が破損してしまった場合は、ロックの解除が結構大変です。もし簡単にロックを解除出来るのであれば、空き巣や泥棒も外から鍵を開けられるということになりますので、何の意味もないですよね。

今回鍵が掛かったままなのか、掛かっていない状態なのかはよく分かりませんが、何れにしてもロック金物やその周辺部品の交換は必修です。

当然破損した原因というものもありますから、そういった問題を究明した上で、解決策を考えなければなりません。

壊れた部品を交換すればそれで終わりと考える工務店やリフォーム屋さんもいらっしゃると思いますが、そこで終わってしまっては本当の修理とはなりません。

輸入住宅にお住まいの皆さんも、そこはよく注意しないとまた同じトラブルが発生することになりかねませんよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。