四角い穴が明いたドアラッチ

四角い穴が明いたドアラッチ

昨日、日進市のお客様から玄関ドアのハンドルを室内側や屋外側から操作しても、ドアが開けられなくなったというご相談を頂きました。

ドアに付けられているハンドルセットは、フォルトレス(Faultless)というアメリカのメーカーが製造したものでした。

私たちがよく使うクイックセット(Kwikset)のものと違い、ハンドルと連動させる為の回転軸を挿入する穴は四角になっています。

今回のトラブルは、ここに差した軸を回してもラッチの鍵爪が全く動かないというものでした。取り敢えず、ドアが閉まったままの状態を解除して、それからドアラッチを外してきました。

このラッチ部品自体が破損しているようで、ハンドルや室内のノブには問題はありません。ただ、このラッチは通常在庫をしていないタイプのもので、今からオーダーをしてアメリカから調達する必要があります。

他のドアノブメーカーでも、同じタイプのドアラッチを使っているようですから、特に問題なく手に入るだろうと思いますが、防犯や使い勝手の問題もありますから、出来るだけ早く手配をしてあげたいと思います。

因みに、国産のものとはサイズや規格が違いますから、全く互換性はありませんので、注意して下さいね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。