内蔵金物の問題か?

内蔵金物の問題か?

以前おうちのメンテナンスをさせて頂いたお客様から、玄関ドアに付いているボールドウィン(Baldwin)製のハンドルセットの調子が悪いという相談を頂きました。

写真がその様子ですが、室内側のレバーハンドルを一杯まで下げてもラッチの鍵爪が完全に引っ込まないという不具合です。

受け金物のストライクの穴から外れる程度鍵爪が引っ込んでくれればいいのですが、いつもは引っ掛かってもたまに開く時があって調子が一定ではないようです。

屋外側からは何故かドアは開けられるらしく、家に帰ってきて締め出されるということはないようですが、お客さんがいらした時に開けられないというのは厄介です(その時は、お客さんに開けてもらえばいいのですが・・)

まだこの症状に対してメーカーからの回答はありませんが、恐らくハンドルのプレート内に内蔵されている開閉金物に問題があるのではないかと考えています。

ただ、実際の処どうなのか、やはりメーカーの意見を聞いて判断すべきことでしょうから、それを踏まえて交換部材を調達したいと思います。

ボールドウィンはアメリカでも高級なメーカーですから、部品もそれなりの金額がしますが、人間の作るものですから壊れないなんてことはありません。どんなものでも定期的な修理・メンテナンスは必要ですね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。