輸入住宅の鍵の防犯強化

輸入住宅の鍵の防犯強化

最近、ここ名古屋でも泥棒さんが空き巣に入るケースが増えてきました。人がいない時ならまだしも、寝ている時や小さな子供だけしかいないような時は、本当に怖いですよね。

私たちが玄関ドアや勝手口ドアに使っているクイックセット(Kwikset)という北米メーカーの鍵は、国産の普通の鍵に比べて侵入しにくいと言われていますが、それでも尚防犯強化したいという方もいらっしゃいます。

そんな時防犯強化策として、ラッチを隠すガードプレートを装着したり、写真のような防犯強化シリンダーに交換したりすることが可能です。

このシリンダーは、耐ピッキング性能で10分以上、耐鍵穴壊し性能でも10分以上という防犯機能を持っています。まあ、普通泥棒さんは、5分程度で侵入出来なかったら入るのを諦めると言いますから、まず大丈夫ですよね。

普通の輸入シリンダーに比べて、価格はちょっとお高いですが、危険に遭うよりはいいかも知れません。Kwiksetの鍵の調子が悪くなったり、壊れたりしたら、強化シリンダーへの交換も検討してみて下さいね。

勿論、玄関や勝手口だけでなく、その他の窓やベランダ付近も対策する必要はありますよ。輸入住宅のセキュリティ対策をしたい方は、お問い合わせ下さい。

また、窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。

※ この「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: 健康・安全   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。