ミルガ―ド(Milgard)用バランサーの不具合

ミルガ―ド(Milgard)用バランサーの不具合

ミルガード用サッシ・バランサーの不具合

暖かくなってきて湿気も多少関係しているのか、窓のチャネルバランサーの問い合わせが多くなってきました。

チャネルバランサーとは、下窓だけが上下に開閉するシングルハングと呼ばれる輸入サッシに取り付けられている部材です。

これによって、重いペアガラスが付いた建具を吊り上げて、人の力でも軽く窓を開けられるように補助してくれます。

今回のこの写真は、鉄の棒状のバランサーに付いているヒモ(糸)とそれを窓枠に引っ掛ける為のフックが、脱落してありません。丈夫な化学繊維のヒモで出来ていますが、15年もすると千切れてしまうのは避けられません。

よくこのヒモだけを交換すれば直ると思っている人もいるようですが、バランサーに装着されたバネが錆び付いていたり、ヒモを巻き付ける樹脂製の滑車が減っていたりしますから、ヒモの交換だけでは正常な状態に戻らないかも知れません。

上げ下げ窓に取り付けるバランサーにはいろいろ種類があって、輸入サッシ・メーカーごとに異なるバランサーが装着されています。

その中でもチャネルバランサーは比較的ポピュラーな部材ですから、形状・寸法や吊り下げ強度さえ間違えなければ、調達も然程難しくありません。

また、10~15年使い続けたいと思っていらっしゃるなら、バランサーごと新しく交換してしまうことが最も合理的かも知れませんね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。