オーニングは雨が溜まりやすいのか?

オーニングは雨が溜まりやすいのか?

アンダーセン製オーニング・サッシの腐食

アンダーセン(Andersen)社製の大きめのオーニング・サッシが、腐ってきたというご相談を頂きました。

オーニング・サッシは、ハンドルを回すと下側から外に開いていくという窓ですが、写真のように建具の木製下枠が朽ちてきている状況です。

やはり、今回も建具枠とペアガラスとが接する部分から、雨が枠内に侵入してきたように思いますが、殆どのお客様は腐れが酷くなるまで気付くことはありません。

木枠の中から腐ってくる状況ですから、それが目に見える状態になるくらいには中が空洞になるくらい酷くなっていますが、窓を毎日開ける人でない限り分からないのが当然です。

それは、施工した建築業者自体が窓のメンテナンスや点検について全く知識がないという点からも、お客様に責任を負わせる訳にはいきません。

ただ、お客様側にも窓の手入れを一切していないということがあれば、一定の責めはあるかも知れません。年に一度くらいは、窓ガラスを拭いたり、隙間に溜まったゴミや砂を掃除したりするくらいはやるべきです。

それにしても、オーニング・サッシは、こうした木の腐れやペアガラスの曇り・内部結露のトラブルは比較的多いように思います。下側の窓が開いていくという性格上、どうしても建具の枠とガラスとの間に雨が溜まりやすいのかも知れません。

新築時は勿論ですが、築10年後くらいにはガラスの周囲の防水処理と木部の防水塗装を心掛けて欲しいものです。そうすれば、サッシの雨漏れによるトラブルは、相当減ると思います。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。