ハード社製ハメ殺しサッシの交換用建具の塗装

ハード社製ハメ殺しサッシの交換用建具の塗装

ハード製ハメ殺しサッシの交換用建具の塗装

こちらは、奈良県のお客様のおうちに納める輸入サッシ用の建具(障子)です。

何故だか理由は分かりませんが、ペアガラスの1枚が割れて建具ごと交換するということで調達したものです。

ハード(Hurd)という社名は既にありませんが、その会社を吸収合併したシエラ・パシフィック(Sierra Pacific)というウィンドウ・メーカーが、今でも製造・メンテナンスをしていますから安心して下さい。

このサッシは、吹き抜けの高い場所にあるハメ殺し(FIX)の窓で、交換・取付けをするには足場が必要となります。結構大きめの建具ですから、脚立のような簡単なものでは取り付けることも難しいと思います。

今回、無塗装で来たアルミクラッドの木製建具に濃いめの木部防水塗装を社内で施して、屋外側のガラスの周囲も防水処理を行いました。ですから、窓枠で隠れてしまうような縁のところまで、ちゃんと塗装が出来ていますから、雨漏れ等の心配は必要ないと思います。

連休明けの5月中旬には現場に取付けに行きますが、それまでは当社の倉庫で乾燥・熟成をする予定です。こんな手順で仕事をしているメンテナンス会社は、あまり国内にはいないかも知れませんが、完成度を上げたいならこれしかないでしょうね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。