お風呂の後は、拭き取って!

お風呂の後は、拭き取って!

浴室に取り付けられたサーティンティード社製オーニングサッシのオペレーター

こちらは、浴室に取り付けられたサーティンティード(Certainteed)社製オーニングサッシのオペレーターです。

サッシ枠には泥のような汚れと共にカビも見受けられますし、オペレーターも錆び付いてしまっています。

今回ご相談頂いたのは、このオペレーターが固くなって窓が開いたまま閉められないというトラブルです。

浴室の窓ですから、いくら樹脂で出来たサッシと云えども、水分や湯気によって汚れやカビが付着します。同様に、開閉の為の金物も錆びてきてしまうのは自明の理でしょう。

特に可動部にゴミや錆びが付いてしまえば、自ずと動きは悪くなります。このオペレーターは、そういった状況が重なって、ギアの部分も空回りしている状況のようですから、新しいものと交換しなければなりません。

恐らく、サッシの両サイドに付いているウィンドウヒンジも動きが悪いでしょうから、オペレーターを交換する際に掃除や調整をしなければなりませんね。

浴室などの湿気が多い場所は特にですが、サッシはゴミや錆びが付着すると操作がしづらくなってきます。日頃から雑巾で枠や金物類を拭いてやったり、ダスター(ハケ)で砂や汚れを払ってやることで、簡単にトラブルを回避出来るはずです。

そして、たまにはシリコン潤滑剤で可動部がスムースに動くようにしてやれば、長くお使い頂けるように思います。常にきれいに掃除することが、おうちの一番のメンテナンスです。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。