取り敢えず、応急処置は完了しました

取り敢えず、応急処置は完了しました

クレストライン製ダブルハングの樹脂製ジャムを外した様子

昨日、強い雨風の日に雨漏れが発生したという津島市の輸入住宅に伺ってきました。

こちらの家では、以前屋根裏部分の妻壁に換気用のかまぼこ型のルーバーが取り付けられていたのですが、そこからの雨漏れを発見して、そこに窓を設置したという経緯がありました。

窓は周囲を十分防水したので、そこからの雨漏れは考えられませんが、上枠から雨漏れした1階の掃出しサッシは、丁度そこの真下でした。

ただ、屋根裏から1階までの間には、2階にアルミクラッドのダブルハング・サッシが付いていましたので、もしかしたらそこからの雨漏れもあるのではないかと、念の為窓をチェックすることとしました。

クレストライン(Crestline)社のダブルハングもそうなんですが、上・下に付いている建具(障子)を窓枠から外すのは結構厄介です。

まあ、それでも何とか建具を外すことは出来ました。建具自体は先日ガラスの周囲を防水処理もしましたし、特に雨漏れしているということはありません。

次に、両サイドの窓枠に装着されている樹脂製のサイドジャムを外してみました。すると、ジャムで隠れていたサッシの中の木枠が、写真のように腐っているではありませんか。その腐りは相当ひどく、木が脱落してなくなっている部分もあるくらいでした。

通常であれば、腐った木の部分を切り取って、そこに新しい木片を入れてやるということが必要ですが、念の為にチェックしてみようということで開けただけですから、特にそんな準備もありません。

恐らく、屋根裏の換気ガラリから入った雨が長い期間に亘って下に落ちてきて、それが窓枠の下端に溜まって木を腐らせたように思います。

また、強い雨風の時には、サイドジャムの下の隙間から雨が侵入して腐っている部分から更に下にある掃出しサッシの方に水が落ちたというのがトラブルの本質だろうと思います。

サイドジャムの下端は、万一の水抜き用に隙間が明いているのが普通です。ですから、安直にそこを塞いでしまうことはよくありません。

今回は、木の腐った部分を出来るだけきれいに除去して、そこに防水コーキングを目一杯注入すると共に、サッシのアルミ製下枠と木製の側枠とが接する部分の表面に、やはりコーキングを塗ってやりました。

恐らく上からの雨水は既に入ってきていない状況でしょうから、ジャムの隙間から水が侵入してきても、防水コーキングでそれ以上中に入っていかない状況にしてやれば、これ以上雨漏れが発生することはないと考えられます。(将来、腐った部分は新しい木に交換すべきですが・・・)

このように家のトラブルは、1つの原因だけで起きているのではなく、もしかしたら複数の原因が複合的に作用しているのかも知れません。また、根本原因を早く解決していれば、それ以外の原因は発生しなかったかも知れません。

おうちの不具合を修理するのは、早ければ早い方がいいというのはこんなことからも分かりますよね。見て見ぬふりをして、放置しておくことがどれ程家を悪くするか、そしてその修理費用をどれ程大きくするか、考えなければいけません。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。