アルパインのロック部品の破損

アルパインのロック部品の破損

アルパインのロック用クレセント

こちらの写真は、破損したアルパイン(Alpine)のロック用クレセント。

上げ下げ窓や片引きの引き違いサッシに取り付けられているロック金物ですが、長く使っていると操作が固くなってくるものもあるようです。

そういった状況で、レバーを回して無理に動かそうとすると、固い鋳物で出来た本体が割れたり曲がったりして不具合を起します。

今回もそういったケースで、金物の交換を余儀なくされたのではないでしょうか。現在アルパインのサッシは、日本では流通していないですから、窓メーカーから修理部品を供給してもらうことは出来ません。

よって、個々の部品メーカーから交換部材を調達しなければなりませんが、ロック部品は似たようなものが多種多様に存在します。ですから、同じデザイン、同じサイズ、同じ位置の取付け穴のものを探すのは結構大変かも知れません。

今回のロック金物は、以前私共が調達したものと同じでしたので、スムースにアメリカから材料を入手することが出来ました。調達するには部材の知識がものを言いますから、経験豊富な専門家に相談されることをお勧めします。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。