エイジング塗装もなかなかです

エイジング塗装もなかなかです

Kolbe & Kolbe のサッシ建具修理

先日より、コルビーアンドコルビー(Kolbe & Kolbe、K & K)社のケースメントサッシ建具の修理についていくつか記事を書かせて頂いておりますが、ようやく取付け前までの作業が完了しました。

木が腐った部分をカットして、新しい木で建具枠を加工・取付けしたという部分までお知らせしましたが、未塗装だった木部を塗装した様子がこちらです。

日焼けして濃い色になった茶色の木枠に合わせて、新しい部分をエイジングさせた上で、パラペイントの木部防水塗料 ティンバーケアで塗装を行いました。

つないだラインは、どうしても消すことは出来ませんし、新しい木であるが故に油分が多いところは塗料が十分には載りませんが、それでも何度か塗り重ねることによってここまでの色合いに持っていきました。

また、現場での作業と違い会社での作業は、雨が入りやすそうな箇所を含めて全てをチェック出来ますから、今後雨漏れを起すリスクは極端に少なくなるように施工出来たと思います。

古い輸入サッシの修復には、時間も労力も掛かりますから、それなりの費用が必要です。でも、やっつけ仕事で安くやっても、それなりの効果や満足感し生じないと思います。

やるからには、自分たちが合格点を与えられるくらいの仕事でなければやるつもりはありません。安易に国産のアルミサッシに交換しましょうと提案する業者さんもいるようですが、美しいデザインを壊してまでコストや手間を惜しむことは私たちはお勧めしません。

<関連記事>: さあ、これから防水塗装です (2020年1月13日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。