ドア側に付けるウェザーストリップ

ドア側に付けるウェザーストリップ

ローウェン製スライディング・パティオドアのハンドル側ウェザーストリップ

通常、スライディング・パティオドア(掃出しサッシ)のウェザーストリップ(気密パッキン)は、窓枠側に装着されるのが一般的です。

でも、ローウェン(Loewen)のものには、ドア側にも装着されています。

ウェザーストリップは、付ければ付けるだけ気密性・防水性・防風性が高まりますから、高級サッシのローウェンならではと言えるかも知れません。

ただ、塩ビ等の樹脂で出来たウェザーストリップは、10~15年程度で千切れたり破れたりする消耗品ですから、定期的に交換しないとその性能が十分に発揮出来なくなってしまいます。

つまり、至る処にウェザーストリップが付いていると、交換するにはその分手間も費用も掛かります。また、このおうちのように猫や犬などのペットがいると、どうしても爪で引っ掻いたりかじったりしますから、その寿命も自ずと短くなります。

そして、この写真に写っているロックセットも15年程度で交換すべき消耗品です。ロック・ラッチ(鍵爪)の出し入れがうまく出来なくなると、ロックが掛かり放しになったり、逆に鍵が全く掛からなくなったりします。

そうなると、ベランダへ出られず物を干せなくなったり、防犯性が怪しくなったりと、生活に支障をきたすこともありますから、ウェザーストリップと一緒にロックケースも交換するといいですね。

勿論、そうした部材を交換する際は、ドアの調整を一緒にお願いすることも忘れないで下さい。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。