トレーラーハウスの玄関ドアヒンジ

トレーラーハウスの玄関ドアヒンジ

トレーラーハウスの玄関ドアヒンジ

こちらの写真は、愛知県岡崎市にあるトレーラーハウスの玄関ドアに設置されたドアヒンジ。

通常、2枚の蝶番がドア側とドア枠側にそれぞれビスで固定されているのですが、こちらのヒンジはドア側の蝶番だけがビスで固定されているだけで、ドア枠側はバネの中に心棒が入ったものに蝶番が引っ掛かっているといった構造になっています。

恐らくトレーラーハウスは、壁の厚みがあまりなくビスを固定する為の強固な柱材がないといった構造なのかも知れません。ですから、ビス留めの必要がないヒンジ構造を採用したのだと思いますが、こんなドアヒンジは通常の輸入住宅では見たことがありません。

長年の使用で金属が減ってきていますから、ヒンジを交換すべき時期になっているのですが、こうしたヒンジを探すには少し時間が掛かるかも知れません。いや~、輸入住宅は奥が深いですねぇ。常に勉強させて頂き感謝です。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。