腐らない木製デッキ

腐らない木製デッキ

エコアコールウッドで造り替えたウッドデッキ

こちらの写真は、エコアコール・ウッドで造り替えたウッドデッキ。

国産の杉材のいい香りがして、フィットンチット効果も期待出来そうな素敵なデッキが完成しました。

以前はカナダのレッドシダーを使ってウッドデッキを作ったのですが、20年近く経ってきて床材や手摺といった部分が腐ってきてしまいました。

そこで今回腐らないもので造りたいというご希望を頂き、木目調の樹脂製デッキ材を使うか、南洋材の堅い木材でデッキを作るか、本物の木の繊維に樹脂を加圧注入したエコアコール・ウッドを使うか、3択でお客様に提案した処、エコアコール・ウッドでデッキを造り替えることになりました。

こちらのデッキは、実は下にある駐車場スペースにオーバーハングする形で造られているのですが、樹脂製デッキでは強度の問題でそれが出来ないということでボツとなりました。

南洋材は、自然のもので何十年経っても大丈夫という耐久性があるのですが、地球温暖化による熱帯雨林の伐採規制などから、価格も高騰していますし、やはり環境問題を考えると十分ではありません。

そういった点で、このエコアコール・ウッドが採用されたのですが、この上から塗装も出来ますし、全く普通の木と言っても誰も分からない状況ですから、ナチュラル志向の方にはピッタリですね。

木製のウッドデッキが腐ってきてお困りの皆さん、是非こういった素材で造り直しを検討してみては如何でしょうか。因みに、この素材は来年の東京オリンピックの施設にも採用されているそうです。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: リフォーム・リノベーション   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。