輸入掃出しサッシの網戸の破損

輸入掃出しサッシの網戸の破損

ミルガード製掃出しサッシの破損した網戸

こちらの写真は、ミルガード(Milgard)製スライディング・パティオドアに装着されていた大きな網戸です。

写真の右側が下枠部分のようですが、コーナーの処が割れたり外れたりしてバラバラになってしまっているようです。

また、網戸の取っ手や戸車についてもなくなったり破損したりしています。

輸入の掃出しサッシの網戸は、基本的に国内では手に入らないものですから、部材を調達して私共の処で組み立てるということを行います。ただ、様々なフレーム形状のものが存在しますから、既存のものの断面形状や詳細寸法を頂く必要があります。

でないと、同じ大きさで作ったはいいが、うまくサッシに納まらないなんてことにもなりかねません。ダブルハングやケースメントのサッシの網戸は、ある程度部材の絞り込みが可能ですが、掃出しサッシの網戸についてはある程度の情報が欲しい状況です。

何れにしても、掃出しサッシの網戸については今後問い合わせが増えるでしょうから、材料の調査をやっていく必要がありそうですね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。