放置してはいけません

放置してはいけません

塗装が劣化したピーチツリー玄関ドア

こちらの写真は、ピーチツリー(PeachTree)社のスチール製玄関ドア。

勝手口ドアを含めて、外部ドア用として輸入住宅ブームの際は多く採用されました。

20年前に施工されたそうですが、お客様自身が何年も前に塗り直しをされたそうですが、塗装面の劣化が激しく雨に濡れた訳でもないのに色にムラがある状態です。

また、ドアの周囲の枠材や木製のブリックモールディングなどもシロアリに食べられて床に近い部分は既にボロボロの状態になっています。

本来枠材等は全て交換すべき状態ですが、予算の関係もあるので木くずを樹脂で固めた枠材をカットして部分的に付け替えることをしたいと思います。でも、そういった枠材は無塗装のものですから、ドア共々塗装をしなければきれいに納まりません。

ドアハンドルもそろそろ交換時期に来ていますが、取り敢えず使える状況でしたから、交換せずにいきたいと思います。

それでも、数年後には必ず破損することは間違いないですから、本当は今回交換しておいた方が何度も作業にお伺いするよりは徳かも知れません。

何れにしても、20年近く専門家にメンテナンスのアドバイスや施工をお願いしてこなかったツケは回ってきます。

今回ケチれば、次回は元金にたくさんの金利が付きます。そういった点では出来るだけしっかりした補修をして頂くことが、家を長持ちさせる唯一の方法のような気がします。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。