こんなことは、A piece of cake

こんなことは、A piece of cake

クイックセットの入荷品

今回アメリカに注文していたクイックセット(Kwikset)のドアレバーが届きましたので、その箱を開けた処です。

金色の空錠(鍵的なものが一切付かないタイプ)のドアレバーを6セット注文してあったのですが、そのうち2セットは注文と違う商品が到着しました。

アメリカではクールで都会的な感じがすると人気のサテンニッケル色(いぶし銀)のキー付きの外部用ドアレバーです。

私が注文したものよりも、値段が高いものではあるのですが、私に注文を頂いたお客様にとっては全く不要な機能とデザインです。

箱に付いていたラベルには、元々サテンニッケルのドアレバーと記載があったのですが、そのラベルの上に金色の空錠レバーの小さなラベルがもう1枚張ってありました。

アメリカの出荷担当のおじちゃんは、このラベルを見てそのまま出荷したか、この担当者が異品にも拘わらず違うラベルを適当に張って出荷したかは定かではありません。ただ、日本では考えられないこうしたくだらないミスが、結構多く発生するのがアメリカです。

輸入材に慣れた私たちなら、ラベルだけを信用しないで、ちゃんと中身まで確認してお客様にお渡しするのですが、そうでない日本人なら間違ったままお客様の元にお届けしてしまうのでしょうね。

また、こうしたトラブルを解決するには、英語で直接メーカーにコンタクトしないといけませんから、普通の人だと面倒がってトラブルを連絡しないで追加で2セット注文したり、もう買わないと怒ったりするかも知れません。

今回は、この異品出荷に気付いた時点で、すぐにメーカーへ連絡をしましたから、代替品も比較的早く手に入るように思います。欧米の人たちの習慣に慣れない人たちは、直接輸入をする際にトラブルのリスクがあることを意識しなければなりません。

勿論、輸入・注文する際に英語の説明をよく見ないで手配をする人も多いですから、こちらが間違った注文をした結果そうなってしまうこともありますので、一概に海外の担当者を責められないとも思います。

そういったリスクを避けて、安心した商品を手に入れたいなら、私たちのようなプロに任せておいた方が反っていいかも知れませんね。だって、間違った商品や破損した製品が来ても、代替品が手に入るまで何らお客様に面倒はありませんから・・・。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: ご案内・注意情報   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。