家族が増えたら、合鍵を!

家族が増えたら、合鍵を!

クイックセットやタイタンの合鍵作成用キー

子供が大きくなったからと、カギをいくつか作っておきたいと思っても、輸入の玄関ドアのカギは鍵屋さんで取り扱っていないことが多いかも知れません。

古い輸入住宅に取り付けられているドアハンドルで多いのは、タイタン(Titan)というロゴのあるロックです。

今はタイタンという製品はなくなってしまったのですが、今でもちゃんと合鍵を作ることは可能です。

実は、タイタンというブランドは、クイックセット(Kwikset)社の昔のシリーズであり、合鍵を作る為のブランクキー(鍵の山が加工されていないベース・キー)の在庫を私たちは持っています。

現在のクイックセットは、数字の「5」が刻印された5ピン対応のカギが使われていますが、古いクイックセットやタイタンでは「6」が刻印された6ピン対応のものとなります。

デッドロックに内蔵されているキー・シリンダーには、鍵山を読み取る為の小さなピストンが仕込まれているのですが、そのピストンが6つあるということで「6」の刻印がされているのです。

国産のカギのキー・シリンダーは、一般的に4つ。タイタンが6つですから、空き巣が鍵山を読み取ってロックを解除するのは、国産のものより難しくなります。

今のクイックセットが5つですので、防犯上は少し劣っているようにも思いますが、スマート・キーという新たな仕掛けを設けていますから、それはそれでいいのかも知れません。(スマート・キーの詳細については、以前書かせて頂いた記事をご覧下さい)

6ピン用と5ピン用のブランクキーは、シリンダー内のピストンの数に応じて長さが若干違います。ですから、似たように見えて互換性はありませんから、タイタンのロック用に今のクイックセットのブランクキーを使うことは出来ません。

合鍵を作りたいという皆さんは、自分のキーがどういったものかをしっかり確認して、それに適合するブランクキーを手に入れるようにして下さいね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: 資材・商品   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。