ガイドから外れた

ガイドから外れた

ウィンテック社樹脂製オーニングサッシ

こちらの写真は、岐阜県山県市の輸入住宅に施工されたウィンテック(WinTech)社のオーニングサッシですが、建具(障子)に付いているパーツが外れ、窓枠から離れています。

建具の上の方にあるのがそのパーツで、スライド・シューと呼ばれる樹脂部品です。

通常これが、窓枠側に装着されたガイドレールの中を走ることで窓が開閉するという仕組みなんですが、こうなると建具が窓枠から浮いた状態になってしまいます。

スライド・シューはなかなか外れない構造になってはいますが、それでも樹脂が劣化してくれば、レールに引っ掛けてある部分が割れたりして外れることがあるかも知れません。

このスライド・シューやガイドレールは、ウィンドウヒンジと呼ばれる部品の一部ですから、ウィンドウヒンジを新しいものに交換してやれば元通りに開閉出来るようになります。

ウィンドウヒンジは、下側が開くオーニングサッシの開閉だけでなく、横に開くケースメントサッシにも使われていますが、サイズや形状も様々ありますから、適合するものを確認してから注文するようにしたいものです。

でないとせっかく購入しても、窓に全然合わないなんてことになってしまいますから、注意しましょう。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。