窓のペアガラスには防水工事を!

窓のペアガラスには防水工事を!

取付け前の防水処理

こちらは、シエラパシッフィック(Sierra Pacific)製のケースメント・サッシです。

既存のアルミクラッド・サッシの木部が腐ってしまい、腐った建具(障子)の交換品をメーカーのクレストライン(Crestline)に依頼して製作してもらおうと思ったのですが、その窓メーカーは既に存在していませんでした。

こうなると窓そのものを建物から外して、新しい窓を取り付けるしかありません。

そこで、サッシの大きさやデザインを合わせて、尚且つ雨漏れによる劣化を起しにくい輸入サッシを調達することになりました。

防水・防腐加工がされた木部を採用している建具ですが、万一のトラブルを考えて、取り付ける前にこちらで更に防水処理を施します。

アルミクラッドのつなぎ目やガラスとアルミ枠とが接する部分に、防水用の専用コーキングを塗っていきます。その際、コーキングが美しく見えるように、ガラスにマスキングテープを張ることを忘れてはいけません。

サッシ・メーカーでは製造時にコーキング等で防水処理を行いますが、十分に施工されるかどうかは従業員の仕事に左右されます。信用しない訳ではありませんが、メーカーと施工業者とが二重に防水作業を行えば、雨漏れのリスクは格段に下がります。

新築やリフォーム時にこうした施工を窓に行う建築業者は、日本には殆ど存在しませんが、これって家を長く使い続けていく上ですごく大切な作業なんですよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。