爪が戻らないドアラッチ

爪が戻らないドアラッチ

鍵爪が十分戻らないクイックセット製ドアラッチ

こちらは、クイックセット(Kwikset)製のドアラッチです。

フェースプレートが外れた状態ですから、ドライブイン・ラッチのような形状をしていますね。

これは、豊川市で建てさせて頂いたおうちの玄関ドアに取付けられていたものなんですが、不具合があった為今日交換してきました。

施工してまだ10年も経っていないのですが、ラッチの鍵爪が中途半端にしか引っ込まなくなって、ドアが開けられないというトラブルでした。(実際は室内側のドアノブを目一杯回すと、辛うじて開けられるという感じでした)

見た目的には新しい感じのラッチなんですが、内蔵されたバネが弱くなってきているのかも知れません。もしかしたら玄関のハンドル側や室内のドアノブの方に問題があるのかと思い、ハンドルセットを外してチェックしましたが、特に問題は見受けられませんでした。

そういった意味では、高価なハンドルセットを交換することなく、消耗部品のドアラッチだけの交換で済んでよかったとも言えますが、もしお客様がこれを放置するなんてことがあると、ラッチを破壊しない限りドアが開かなくなるなんてことになりますから、注意が必要となります。

今回のお客様のように、何か変な感じだと思ったら早めにお知らせ頂けると、修理の費用も時間も少なくて済みます。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。