放置すると雨漏りします

放置すると雨漏りします

表面パネルが剥がれてきたアンダーセンのフレンチドア

こちらは、アンダーセン(Andersen)製の両開きフレンチドア。

ガラスには飾り格子も入っていて、豪華なテラスドアになっています。

築19年という比較的新しい輸入住宅ですが、こちらのドアの表面パネルがご覧のように剥がれてきてしまいました。表面パネルは、薄い化粧板の上に塗装が施してあるのですが、接着面が剥がれて下地の木部が露出しています。

以前応急処置で地元の大工さんがパネルを接着剤で張り直して、木口部分にコーキングを塗って防水処理をしてくれたらしいのですが、うまく施工が出来ていなかったのか、パネルがまためくれてきています。

こうなってしまうと、下地の木部やペアガラスの下端にも雨が入ってしまい、室内側の木部パネルもめくれた状態になってしまいます。

お客様はまた接着剤で張り直せないかという感じでおっしゃっていましたが、パネル自体が反ってしまっているので、どこかが浮いた感じになってしまい、すぐに雨漏れすることとなってしまいます。

メーカーにも一度対処方法について相談してみようと思いますが、恐らくこうなってしまうとドア自体を交換する以外にないかも知れません。

アンダーセンのスライディング・パティオドアやフレンチドアは、表面材が木質パネルになっているので、パネルのつなぎ目やガラスとが接する部分には定期的に防水処理をしなければなりません。

外壁を塗り替えする際には、輸入のサッシやドアの防水処理や塗装をすることを忘れてはいけません。

そういうことを知らない住宅メーカーや工務店も多いですから仕方がありませんが、私の記事を読んで頂いている皆さんは、どうぞお気を付け下さいませ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。