オーニングにもケースメントにも使われています

オーニングにもケースメントにも使われています

破損したローウェンのオーニング窓用ロック金物

こちらは、ローウェン(Loewen)製アルミクラッドサッシに使われているロック金物です。

写真右の建具(障子)に付いているロック受けのフックが、写真左のロック本体の中に入って、サッシをロックするという仕組みで作られています。

ロックレバーを下げると、建具が窓枠側にグッと引き込まれ、窓の気密が上がるということなんですが、強く引き込む為にロックの内部構造には負担が掛かってしまいます。

これを長く使い続けていくと、内部の樹脂パーツが不具合を起し鍵が機能しなくなるというトラブルが発生します。ですから、この古いロック金物は、10~15年程度で交換するというのが一般的かも知れません。

今回もお客様から新しいものを手に入れたいという相談を頂き、注文手配をすることになったのですが、現在のものは本体の内部構造が少し改善されたのか、ロック受けの形状も変化しています。

写真の窓は、下側が開いていくオーニングと呼ばれるサッシですが、ローウェンの窓では横に開くケースメントサッシにもこの金物が使われています。

部品が共通化されている為、交換部品の種類も少なくて済むことはいいことですが、同じ時期にメンテナンスが必要になるという点では一緒に交換手配をすることを考える必要がありますね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。