この手のチルトラッチは、手に入らないかも

この手のチルトラッチは、手に入らないかも

フレーム内蔵型チルトラッチ

九州のお客様からサッシ・メーカー不明のシングルハングの窓についてメンテナンスの相談を頂きました。

この建具を上げ下げするのに使うゼンマイ式のコイルバランサーが切れてしまったので、交換をしたいということです。

また、写真にあるプラスチック製のチルトラッチ(建具を窓枠に固定しておく為のロック部品)も壊れたものがあるので交換したいそうです。

コイルバランサーのバネについては、バネ強度やサッシの大きさを確認しないと適切な交換部材が手に入りませんので、窓全体や建具単体での大きさを確認頂くと共に、建具の重量も教えて頂く必要があります。

コイルバランサーの取付けについては、当初ご自身でやられるというふうに伺っておりましたが、専用の工具も施工手順も分からないということでしたので、私共が出張して作業をした方がいいように思いますとお伝えしました。

次に、チルトラッチですが、写真のようにロックレバーとラッチとが離れた位置で連動するタイプは、最近の輸入サッシではあまり見受けられません。いろいろアメリカの部品メーカーを探してみましたが、この手のチルトラッチはありませんから、最悪一体型の外付け部品を装着して対応するしかないかも知れませんね。

それに交換しておけば、将来チルトラッチがまた壊れても、比較的簡単に交換部品を調達出来るように思います。製品寿命の長いアメリカ・カナダの窓部品ですが、こうして姿を消してしまうものも存在します。

そういう場合でも、代替えとして使える部材が存在するのが輸入サッシのいい処ですし、高い気密性や断熱性を考えても、安易に国産のアルミサッシに交換することはお勧めしません。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。