ダイヤモンド入りなのか?

ダイヤモンド入りなのか?

デルタ社製キッチン水栓用止水バルブ

アメリカ デルタ(Delta)社のキッチン水栓用のカートリッジ・バルブが入荷してきました。

何年か前に新しい水栓金具に交換したそうですが、最近吐水口からポタポタ水が落ちてくるということで、交換用の止水バルブを取り寄せました。

何でも「ダイヤモンド シール」と呼ばれる技術が使われているらしく、通常のセラミックのバルブにダイヤモンドの粉を混ぜて耐久性を上げているという記述を読んだ記憶があるんですが、人間の作るもので水漏れが起きないというものは絶対ありません。

勿論、ゴム・パッキンのようなものに比べれば、はるかに耐久性があるんでしょうが、水道管に小さなゴミや砂が入り込んでいれば、部品が破損することは仕方ないのです。

明日、名古屋市のお客様のおうちに伺って、このパーツに交換してくる予定ですが、この他にもメンテナンスすべき箇所があるので、ちょっと頑張ってこようと思います。

家のメンテナンスは、早ければ早いほど作業や費用も少なく済みます。特に輸入住宅では材料の多くを遠くから輸入しなければなりませんので、心配な時間を少しでも減らす為にも専門家に早めに相談することをお勧めします。

<関連記事>: 先日記事で紹介した止水バルブを換えました (2019年4月6日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。