台風で破れても保険が利きます

台風で破れても保険が利きます

網や取っ手を交換する輸入網戸

今日、愛知県尾張旭市のお客様の処に伺って、破れた網戸を引き取ってきました。

輸入サッシが、どこのメーカーのものか分からないのですが、グラスファイバー製の網や取っ手(把手)類の交換は全然OKです。

この網戸は8枚あるのですが、昨年の台風の際に部分的に破れてしまったらしく、火災保険でその費用を補填されるそうです。

火災以外に、台風や竜巻などで屋根が飛ばされたといった災害で火災保険を使うというお客様はいらしたのですが、網戸の破損でも保険が適用されるんですね。(適用範囲は、保険会社や契約内容によって違いますから、ご注意を)

今回は、スクリーンの交換をしますが、網を固定する為の網押さえのゴムも劣化して使えませんから交換します。また、網戸の取り外しの際に使う樹脂製の取っ手部品も千切れたりなくなったりしていますから、新しいものに交換です。

私たち ホームメイドでは、輸入網戸のメンテナンス部材を少しばかり在庫していますから、こうした修理も朝飯前。勿論、網戸の引き取りにお邪魔した際は、おうちのその他の箇所についても点検・アドバイスを行いますから、お客様が今後の家のメンテナンスについて勉強して頂く機会ともなります。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。