レバーの交換だけでは伺いません

レバーの交換だけでは伺いません

ミルガード社掃出しサッシのロックレバー

今日、愛知県稲沢市の輸入住宅で、掃出しサッシのメンテナンスを行ってきました。

ミルガード(Milgard)社のスライディング・パティオドアに付いているロックレバーが折れてしまい、鍵が出来ないということで交換作業をしてきました。

このロックレバーは、結構折れやすいという印象ですが、実際にはドアが微妙に傾いたりして、建て起こしのディメンションが狂ってしまう状況が生じたり、ロックラッチとロック受けの金物との位置関係がずれてしまっていたりして、ロックが掛からないようになっているのが原因です。

ロックが微妙に掛からない状況をレバーを強く操作することで何とかしようとしたことが、鋳物のレバーを折ってしまうことにつながったのです。

ですから、今回も単純にロックレバーを交換するだけでなく、ドアの建て起こしの状況やロックの掛かりの状況、ドアがスライドするレールの状況、ロックケース自体の調子といったことも全てチェックして動きがおかしい処は調整作業を行いました。

また、この掃出しサッシ以外にも気になる箇所があったようですから、そういった処も点検・メンテナンスを一緒に行いました。ロックレバーの交換だけならご自身でやれるかも知れませんが、その他のメンテナンスや点検まで行えるのがホームメイドです。

わざわざ遠くから出張費を掛けて来てもらうことを躊躇する方もいらっしゃいましが、新築から一度も点検を受けていない輸入住宅にお住まいであれば、こういう機会に家全般のチェックやアドバイスをしてもらえることは滅多にないチャンスかも知れません。

<関連記事>: これが、ダブル・フックの鍵です (2019年3月17日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。