このチューブが、スパイラル・バランサー

このチューブが、スパイラル・バランサー

古いスパイラルバランサー

先日、守山区の輸入住宅で取り外した12本のスパイラル・バランサー。(窓1ヶ所当たり左右に2本使いますから、窓6ヶ所分です)

錆びている訳でもなく、多少チューブの口の部分に汚れがあるものの劣化しているようには見えませんよね。

でも、チューブの中に入っているバネが劣化しているのか、螺旋状の棒の戻りが遅くなってきています。

また、螺旋状の棒に油が塗ってあるのですが、それに付着した汚れが螺旋の回転を悪くしている状況です。こうなると、窓の開閉が極端に重くなり、開けるのも閉めるのも相当な力が必要となりますから、女の人が持ち上げるのは至難の業。

ですから、そのうち窓を開けなくなり、バランサーにも汚れが蓄積してきますから、更に動きが悪くなります。このスパイラル・バランサーを交換しさえすれば、新築時のスムースな窓の動きが蘇りますから、騙されたと思ってご依頼下さい。そうすれば、早くやっておけばよかったと思うこと、間違いなしです。

<関連記事>: 交換前のスパイラル・バランサー (2019年3月4日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。