新しいロックシリンダーは取付け出来ない

新しいロックシリンダーは取付け出来ない

クイックセットの古いドアハンドル

尾張旭市にある輸入住宅ですが、玄関ドアのセキュリティに不安があるということで、ロックをディンプルキーのタイプにした上で、デッドロック・バーを隠すガードプレートを装着することになりました。

ここの玄関ドアに付いているハンドルセットは、クイックセット(Kwikset、旧Titan)の古い製品で、デッドロック以外にハンドルにも鍵が付けられています。

ハンドル側の鍵は、あまり使っていないということで、今回はデッドロックのシリンダーをディンプルキーで開くタイプに交換します。ただ、この古いデッドロックは、内部の取付け形状が現行のものと異なっている為、ディンプル・シリンダーを普通に取付けすることは不可能です。

たまたま当社の在庫に古いタイプの取付け用パーツと取付けボルトがあった為、少し加工するだけで運よく取付けすることが出来そうですが、そういったものがない鍵屋さんではデッドロックごと交換した上でシリンダーも別途交換しなければなりません。

(尚、クイックセットでは本体のみを単体で販売してくれないので、通常のシリンダーが付いた状態のものを購入せざるを得ませんから、その分余分なお金が掛かります)

そういったことを知らずに安請け合いするような業者さんにお願いすると、「取付け出来ない」、「見積より高くなる」といったトラブルになりますから注意が必要ですね。

こういうことも知識と経験が必要ですから、安心・安全の為には輸入住宅のメンテナンスを熟知したビルダーにお願いした方がいいかも知れません。

<関連記事>: 絶対ではないですが、ほぼ完璧です (2019年2月3日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: 健康・安全   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。