レバー台座から水漏れした水栓金具

レバー台座から水漏れした水栓金具

水漏れしたデルタ社製洗面水栓

こちらは、デルタ(Delta)社製の古い洗面水栓。

20年程前に施工された水栓金具ということですが、ゴールドのその美しさは健在ですね。

今回ご相談頂いたのは、レバーハンドル下の台座部分から水が漏れるということでした。

デルタの水栓の止水バルブは、ステム・アッセンブリーと呼ばれていますが、この部品以外にいくつかの小さなパーツが合わさることでその機能を果たしています。

ですから、止水バルブ1つ交換しても、水漏れは直らないなんてこともよくある話です。ただ、交換が必要な複数の部品を入れ替えさえすれば、ちゃんと元通りに水がピッタリ止まるはずです。

この水栓金具は、既に生産を終了していますが、デルタは交換部品の供給を今でも行っていますから、もし直して使い続けたいということであれば、部品の調達さえすれば大丈夫です。

輸入資材であれば、メーカー、品名・品番、施工時期が分かれば、部品を探して直すことも可能ですから、諦めないで下さいね。私たちなら、輸入水栓の購入や取り換えもお任せ下さい。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。