劣化した輸入網戸のコーナー部品

劣化した輸入網戸のコーナー部品

劣化した網戸のコーナー部品

フレームの中に差さっている部分は、然程でもないようですが、露出する四角い部分の樹脂は相当劣化が進んでいます。

こちらは、輸入サッシに使われている網戸のコーナー部分に使われているプラスチックで出来たコーナー材です。

こうした部品は、樹脂サッシでもアルミクラッド・サッシでも広く一般に使われていますが、網戸のフレームのサイズが様々存在しますから、コーナー材も様々です。

よって、そのアルミフレームに合致したコーナー部品を調達しなければなりませんが、小さな部品で寸法が微妙に違うという状況ですから、探すのに結構苦労するのです。

今回もすぐに探せないかも知れませんが、米国のいろいろな所を当たってみたいと思います。それにしても、大したお金にならないのによくやりますよね(笑)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。