絶対ダメじゃないけど、・・・

絶対ダメじゃないけど、・・・

屋根の施工

こちらは、アスファルトシングルという屋根材を横方向から写真に撮ったものです。

薄いとは言え、重ね張りしている為、ある程度の厚さも出来ます。

特に軒の先端部分は、少し厚張りすることによって捲り上がらないようにするのが基本です。

ただ、下になる屋根材が厚い場合、屋根材が重なった処に大きな隙間が出来てしまうのも見て取れます。

表面を覆うアスファルトシングルの隙間から雨水が入ることがありますが、下地のアスファルト・ルーフィングと呼ばれる防水シートがしっかり機能していれば、特に問題視することはありません。実際の防水機能は、アスファルトシングルではなく、アスファルト・ルーフィングにあるからです。

ただ、屋根を横から見て、このように隙間(穴)が見えてしまっているのは、施主にとってあまり気持ちがいいものではないでしょうね。

ですから、アスファルトシングルの屋根材の施工については、妻屋根の端は屋根材を上下から鈑金で包むように防水処理を行うのがホームメイドのやり方です。

勿論、鈑金で押さえた部分には防水コーキングも十分中に入れておきますから、万一でもそこから雨水が侵入しないように工夫もします。

アメリカでは鈑金をしないやり方をしているビルダーもいるようですが、台風等の強風が吹く日本では雨漏れリスクを少しでも減らす対応が必要かも知れません。やるやらないは、施工業者の経験と心遣いで決まります。

<関連記事>: アスファルトシングル屋根の納まり (2018年9月12日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: 健康・安全   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。