違うサッシメーカーの建具で窓を直す

違うサッシメーカーの建具で窓を直す

サミット・サッシの建具劣化

上げ下げ窓のダブルハングですが、ご覧のように上窓(アッパーサッシュ)の下枠の木が腐っています。

こういう場合、上窓自体を新しいものに交換するか、それが出来なければ木製の下枠部分だけを加工して付け替える方法があります。

ただ、このサミット(Summit、Wenco)という窓メーカーは、別のメーカーに吸収されて今は存在していません。ですから、もう新しい建具を作り直してもらうことが出来ないのです。

また、このメーカーのアルミクラッド・サッシは、窓構造に問題があり、外側をカバーするアルミと木部との間に内部結露が発生するリスクを抱えています。ということは、下枠を付け替えても、結露してまた同じように腐ってくるという恐れが生じることも覚悟しなければなりません。

であれば、安心出来る別の輸入サッシ・メーカーの建具を既存の窓枠にはめこめれば、この不安は解消されるはず。そこで考え出されたのが、旧ハード(Hurd)社の現シエラパシッフィック(Sierra Pacific)のユニバーサル・サッシ・パック・キット。

既存の窓枠の高さに合わせた寸法で上下の建具を製作し、建具を両サイドで挟み込んでいるサイド・ジャムを新しい建具に合わせたデザインのものに交換するのが、このキット。窓枠をそのまま使い、そこに新しい上下のサッシュを入れれば木製サッシを修理することが出来るのです。

慎重且つ正確に既存の窓の寸法を計測する必要がありますし、場合によっては既存の窓枠側を加工する必要もありますが、外壁や内装を触って窓全体を交換するよりは、リフォーム費用や時間をセーブ出来るかも知れませんよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: リフォーム・リノベーション   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。