オーニング・樹脂サッシのレバーハンドル

オーニング・樹脂サッシのレバーハンドル

オーニングサッシのハンドル

こちらは、常に湯気に曝されている浴室に取り付けられた樹脂サッシ。

ハンドルを動かすと建具(障子)の下側が開いていくオーニングと呼ばれる輸入サッシですが、ハンドル部分の金物に錆が見受けられます。

オーニングやケースメントの輸入サッシに使われる開閉ハンドルの多くは、クルクル回すクランク・ハンドルなんですが、古いタイプのサッシではこの種のハンドルも使われています。

今回の輸入サッシは、アメリカ インシュレート(Insulate)社のものですが、既に国内販売はされていません。ですから、こうした窓のメンテナンスを行う際は、アメリカの部品メーカーからパーツを調達することになるのです。

幸いこうした消耗部品については、何十年も同じデザイン、同じ大きさで製造されている場合が多いですから、今回の交換も大丈夫。皆さんのおうちの輸入サッシも、10年に一度は点検・修理を行って常にいい状態でお使い頂きたいものです。勿論、毎日雑巾で金物類を拭いてあげるのが一番ですよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: 資材・商品   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。