ミルガード製掃出しサッシのハンドル

ミルガード製掃出しサッシのハンドル

ミルガード製掃出しサッシのハンドル

こちらは、ミルガード(Milgard)社製のスライディング・パティオドア(掃出しサッシ)のハンドル部分の写真です。

当初お客様は、このハンドルの調達が出来ないかとのご相談でした。

ですから、プラスチックで出来たハンドルが壊れたのだろうと思い、ハンドルの大きさや取付け穴の位置・寸法などをお伺いして、見積をお出しすることにしました。

ただ、よくよく話を進めていくと、どうやらハンドルそのものの不具合ではなく、ハンドルに付属しているロック用のレバーが壊れてしまったということが分かりました。こちらのハンドルは、ハンドルセットとして購入出来ますし、ロックレバーだけでもアメリカから調達することは可能です。

サッシの古いロックレバーは、鋳物で出来ている上にレバーの厚みも少々薄い感じでしたから、強い力でロックを掛けようとするとロックセットの中で折れてしまいます。

輸入サッシの操作は、あまり力を入れずに出来るものですから、そういう場合は鍵のロックラッチの位置がずれていると考えて、ラッチの位置調整やドアの高さ調整をしてやれば直ります。何でも力づくでやろうとせずに、何でも専門家に相談することが大切です。

因みに、今のロックレバーは、強度改善の為に厚みが少し増しています。壊れにくくなりましたが、その分ハンドルに少し干渉することもありますから、その点はご留意下さいませ。

<関連記事>: ミルガードの新しい掃出し用ハンドル (2019年9月10日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。